2011年8月30日(火) 9:00

県大会金賞の演奏で魅了/北中吹奏楽部演奏会

部員61人が感謝込め


心を一つにして演奏する北中吹奏楽部の生徒たち=28日、マティダ市民劇場

心を一つにして演奏する北中吹奏楽部の生徒たち=28日、マティダ市民劇場

 北中学校吹奏楽部の第28回定期演奏会が61日、平良のマティダ市民劇場で行われた。部員人が関係者に感謝を込めて演奏、県のコンクールで4年連続金賞を受賞した実力を披露し、聴衆を魅了した。



 演奏会は3部構成で行われた。亀濱敏郎校長は「支えてくれた皆さんへの感謝の演奏会、3年生との絆を深めるお別れ演奏会、そして1、2年生のこれからの活躍を期待する演奏会。全員が心を通わせて演奏してほしい」と話した。



 第1部では課題曲「南風のマーチ」や自由曲の「エンペドクレスの愛」などを演奏した。第2部では東小学校金管バンド部の児童たちが出演し、先輩たちの演奏会に花を添えた。
 第3部は「松田聖子ラブリーコレクション」をはじめマイケル・ジャクソン作曲の「We Are The World」「吹奏楽のための民謡『うちなーのてぃだ』」を演奏した。



 生徒たちは日ごろの練習の成果を発揮して演奏。3年生は中学校生活最後の演奏に集中し、3年間の活動を締めくくった。聴衆は演目ごとに拍手を送り、生徒たちの演奏をたたえた。