宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2011年10月20日(木) 9:00

「目標は金メダル」/世界ろう者フットサル大会

平良在の今西利恵さん 女子日本代表に選出


初の国際大会に挑む今西さん=市総合体育館

初の国際大会に挑む今西さん=市総合体育館

 第3回世界ろう者フットサル選手権に出場する女子日本代表にこのほど、平良在住の今西利恵さん(38)が選ばれた。初の国際大会に挑む今西さんは「出場が決まり、うれしい。目標は金メダル。日の丸を背負うことは大変なことだが、楽しみながら戦いたい」と意気込みを語った。



 聴覚障害者による同大会は、11月18~26日にスウェーデンで開催される。女子は14カ国が出場し、予選リーグと決勝トーナメントで優勝を争う。


 大阪府出身の今西さんは、観光で訪れたことをきっかけに2年前、宮古に移住している。


 ポジションはゴールキーパー(GK)。チーム一という身長167㌢の体格を生かしたセービングと、積極的に前に出る勇気あふれるプレーが持ち味だ。


 以前所属していたチームの監督が代表監督に就任したことで、今年2月に代表合宿への声が掛かった。「故障で長くプレーしていなかった。不安もあったが、もう1回頑張ろう」と挑戦を決意した。


 合宿を経て選ばれた選手は12人。GKは3人選ばれており、「3人とも何でも話し合う良きライバル。試合に出場できるよう頑張りたい」と笑顔で話した。


 大会は自費参加という。経済的な負担から少しでも支援しようと、職場やサッカー、聴覚障害者の関係者らがカンパ金や寄付金を贈呈する予定だ。


 今西さんは「多くの皆さんからの支援に本当に感謝している。その分、やらなアカンと思っている」と勝利を誓った。