2011年11月29日(火) 9:00

笑顔で交流深める/障がい者フェス

生徒らがボランティアで活躍


各種ゲームで盛り上がったフェスティバル=27日、城辺公民館

各種ゲームで盛り上がったフェスティバル=27日、城辺公民館

 「第27回宮古地区障がい者フェスティバル」(主催・宮古地区社協連絡協議会)が27日、城辺公民館で行われた。「共に築こう友情の輪」をスローガンに、障害者やその家族、中学生ボランティアたちが舞台余興やゲームで交流し、楽しいひとときを過ごした。


 開会式で、市社会福祉協議会の川満省三会長は「このフェスティバルは互いを認め合い、理解し、思いやりと支え合う温かい心の絆を深め合うことが目的。楽しい1日を過ごして友情の輪を広げてほしい」と呼び掛けた。


 宮古島市の長濱政治副市長らも祝辞を述べ、障害者が生きがいを持って安心して暮らせる地域づくりに取り組むことを強調した。


 会場では、輪投げ、サッカーゲーム、金魚すくい、ホールインワンゲームなどさまざまなコーナーが設けられた。中学生のボランティア約80人が障害者たちにゲームのやり方を教えながら、交流を楽しんだ。


 会場は各施設の舞台余興やレクリエーションのほか、地デジ対応の32型液晶テレビ、ブルーレイプレイヤーなどが当たる抽選会なども行われ、盛り上がった。