2012年1月8日(日) 9:00

10日から故郷で自主トレ/ロッテ伊志嶺

少年野球教室も開催


 プロ野球千葉ロッテマリーンズの伊志嶺翔大外野手=宮古島市平良出身=が10日に宮古入りし、自主トレを開始する。14日には市教育委員会が主催する少年野球教室の講師を務め、地元の球児に基本的な技術指導などを行う。



 伊志嶺は、プロ1年目となる昨シーズン途中から1軍レギュラーに定着。打撃では一時3割に到達したほか、俊足を生かして32盗塁を記録するなど走攻守に優れた野手として活躍した。


 10日からの自主トレはチームメートとともに市民球場などで行う予定。


 14日の少年野球教室は午前9時から市民球場で行われる。高学年の少年野球チームの児童が対象で参加は無料。北0B親交会の共催で開催される。


 21日は地元で結成する実行委員会が伊志嶺の激励会を開く。会場はホテルアトールエメラルド宮古島で午後7時に開演する。会費は3000円。


 伊志嶺は宮古島市平良下里の出身。南小、平良中を経て沖縄尚学に進学し、2年時に春夏連続で甲子園に出場した。卒業後は東海大に進学、2年の春から左翼でレギュラーを獲得し複数回ベストナインを受賞、4年の全日本大学選手権では首位打者に輝き準優勝に貢献した。世界大学野球選手権では銅メダルに輝いた日本代表の主将を務めた。2010年ドラフトでロッテに1位指名された。