宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2012年1月31日(火) 9:00

火遊びは絶対しない/ちびっこ防災フェスタ

展示訓練や寸劇で訴え


子供たちに寸劇を通して初期消火の方法や119番通報の仕方などを訴えた防火フェスタ=29日、市消防本部

子供たちに寸劇を通して初期消火の方法や119番通報の仕方などを訴えた防火フェスタ=29日、市消防本部

 ちびっこ防火フェスタ(主催・市防火委員会)が29日、市消防本部で行われた。アトラクションや寸劇、展示訓練などを通して、子供たちに「火遊びは絶対にしない」ことなどを訴えた。



 防火委員会は防火防災の普及に努める幼年・少年防火クラブと女性防火クラブで構成。新城久恵会長は「火災の時は力を合わせて消し止める事が大事。このフェスタを通して防火に対する機運を高めてほしい」とあいさつした。


 フェスタでは、幼年・少年防火クラブによるアトラクションが繰り広げられたほか、防火委員による寸劇では消火器の使い方や消防への通報の仕方などをコミカルな演技でアピール。宮古方言をふんだんに取り入れたり、効果的な音響で視線を集めた。


 火災を想定した展示訓練も行われ、消防職員らがきびきびした動作で消火演習を行った。


 市消防本部の砂川享一消防長は「幼児のころから火の正しい取り扱いを教える事は大事。このフェスタを通して、消防の仕事や役割を知ってもらうとともに防火思想の高揚につながれば」と話した。