宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2012年8月4日(土) 9:00

3日ぶりに運航再開/伊良部離島便

生鮮食料品など多く積み込む


伊良部行きの離島便には島豆腐などが積み込まれた=3日、平良港

伊良部行きの離島便には島豆腐などが積み込まれた=3日、平良港

 台風9号が遠ざかった3日午前、宮古本島と伊良部を結ぶ旅客船とフェリーが3日ぶりに運航再開し、伊良部の市民らは普段の生活に戻った。



 一方、宮古-多良間を結ぶフェリーは、沖合が大しけのため欠航し、5日連続の運休となった。


 平良港の離島航路発着場の高速旅客船とフェリーには、日常雑貨類や野菜などの生鮮食料品、冷凍食品などが普段より多く積み込まれた。船員らは、船内の貨物の移動に追われた。


 船員の一人は「伊良部の住民の中には、台風9号が接近する前に、スーパーで商品を買いだめする人もいた。スーパーでは、全体的に品薄はなかった」と語った。