2012年9月3日(月) 9:00

与那原・砂川組(Aランク)が優勝/本社杯レディースバド

Bランクは平良・砂川組制す


26チーム52人が出場して熱戦を展開した宮古毎日新聞杯レディースバドミントン=2日、宮古工業高校体育館

26チーム52人が出場して熱戦を展開した宮古毎日新聞杯レディースバドミントン=2日、宮古工業高校体育館

 第11回宮古毎日新聞杯レディースバドミントン大会(主催・宮古毎日新聞社)が2日、宮古工業高校体育館で行われ、高校生を含む26チーム52人が出場して熱戦を繰り広げた。試合の結果、Aランクは与那原郁美(むねおバドサークル)・砂川果倫(同)組が優勝した。Bランクは平良直美(ザ・ガール)・砂川絹代(ももの会)組、Cランクは坂口有美(宮工高バドサークル)・下地幸江(同)組がそれぞれ制した。



 試合は、技術やレベルに合わせて三つのランクに分けて行われた。AとBランクはブロックリーグ戦と決勝トーナメントで勝敗を競い、Cランクは総当たり戦で争った。種目はそれぞれ個人戦ダブルス。


 Aランクを制した与那原・砂川組はブロックリーグ戦、決勝トーナメントのすべての試合でストレート勝ちを収めて完勝した。


 Bランク優勝の平良・砂川組はブロックリーグの初戦で砂川政恵・宮城美奈子組に敗れて出鼻をくじかれたが、決勝トーナメントの決勝で再び砂川・宮城組と対戦しフルセットの末に勝利、ブロックリーグの雪辱を果たして優勝を決めた。


 Cランクは坂口・下地組が粘り強いプレーで栄冠を手にした。4試合中、3試合がフルセットにもつれ込む接戦だった。


 開会式で宮古毎日新聞社の平良覚社長は「最近はストレス社会と言われるが、ストレスを発散するには体を動かすのが一番良いと思います。きょうのレディースバドミントンで気持ちの良い汗をかいて、明日からの健康維持、増進に役立ててください」と述べた。


 この後、平良社長が宮古レディースバドミントン連盟の本永洋子会長に協賛金を贈呈した。本永会長は閉会式で「宮古毎日新聞社がレディースバドミントンの普及、発展を後押ししてくれることが心強い」と感謝を込めた。

  • 宮古島の人口

    令和元年11月1日現在

    宮古島市 54,755 人
    27,586 人
    27,169 人
    世帯数 27,782 軒
    多良間村 1,126 人
    603 人
    523 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2012年9月
    « 8月   10月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2