宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2012年11月15日(木) 22:59

1年生は野の花のよう/来間小中学校

来間小1年 すなかわ ののか

来間小1年 すなかわ ののか

 野乃花さんは学校でただ1人の小学1年生だ。入学式では、さぞ大歓迎を受けたことだろう。それから7カ月、きれいに整った学校の中庭で、担任の下地早苗先生と一緒に取材に応えてくれた。


 複式学級で、2年生のお姉さんと2人で多くの時間を過ごす。そのようすを「上級生は色んな面で下級生と違いますので、勢い、何かと2人で過ごすことが多いですね。姉妹のようですよ」と下地先生は語る。野乃花さんも「2人で勉強したり、折り紙するのが好き」と言う。反面、競う機会に乏しいが、下地先生は「落ち着きすぎのおっとり屋さんです。でも最近は学校の様子が分かってきたのでしょう、先生たちの指示にも機敏にふるまうようになってきました」と成長を語る。


 多くの小規模校でみられるように、野乃花さんも校区外から通っている。毎日お父さんやお母さんが送迎する。しかし、うれしいことがある。お父さんが来間島で家を新築中ということだ。まもなく、歩いて通える日がやってくる。「野乃花さんの部屋もできるのかな」の問いに、はにかみながら「たぶん」、続けて「できたらきれいに飾りたい」と目を輝かせる。その表情は「野の花」だった。


【女子】すなかわ ののか
【担任】下地早苗先生