2013年2月20日(水) 9:00

前年同期比0.9ポイント減の75・21%/1月末市税徴収率

4月からコンビニ納付導入へ


今後の市税徴収に向け行動などを確認した参加者ら=19日、市役所平良庁舎

今後の市税徴収に向け行動などを確認した参加者ら=19日、市役所平良庁舎

 第2回市税徴収対策会議(議長・長濱政治副市長)が19日、市役所平良庁舎で開かれた。2013年1月末徴収実績は全体で75・21%で、前年度同時期に比べ0・9ポイント減少し厳しい状況になっている。4月からはコンビニ納付やペイジー(インターネットなど)納付を導入し、徴収率アップにつなげる方針。



 冒頭、長濱副市長は「徴収率が0・9ポイント減は厳しい。税は公平・公正に徴収しなければ市民から不満の声が上がる。年度末に向けラストスパートを掛けて徴収すべき」と指摘した。


 会議では「市全体徴収率90・5%の目標達成のためには、現年課税分の徴収率97%は不可欠であり、初動班による電話催告と文書催告および地域班と法人高額班による現年度分滞納者の滞納処分の強化を引き続き行っていく」と今後の行動が示された。


 滞納繰越分で複数の高額事案の換金が不可欠なことから、27日に不動産の公売を実施する。