宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2013年3月3日(日) 9:00

なじみの音楽で盛り上げ/多良間で自衛隊コンサート

迫力あふれる演奏を披露した陸上自衛隊第15音楽隊=多良間小学校体育館

迫力あふれる演奏を披露した陸上自衛隊第15音楽隊=多良間小学校体育館

 【多良間】陸上自衛隊第15音楽隊の「多良間ふれあいコンサート」がこのほど、多良間小学校体育館で開催された。子どもからお年寄りまで、大勢の村民が迫力あふれる生の演奏を堪能した。



 人気の女性アイドルグループAKB48のメドレーやNHK連続テレビ小説「純と愛」のテーマ曲など、なじみの歌で盛り上がった。


 多良間村歌や島を代表する民謡「多良間ションカネー」など村に根付く歌も演奏。多良間小学校の校歌は、児童たちが合唱した。


 第15音楽隊は、1972年に臨時第1混成群音楽隊として、熊本県の北熊本駐屯地で誕生した。2010年には、第1混成団の第15旅団改編に伴い、音楽隊も「第15音楽」に改編された。隊長以下41人の編成で、本格的な吹奏楽によるステージ演奏からマーチング、軽音楽など幅広い演奏スタイルを持つ。


 沖縄を担任区域として自衛隊行事や各離島での巡回演奏など、「地域に親しまれる音楽隊」を目指して演奏活動を行っている。