宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2013年3月29日(金) 9:00

観光振興課を新設/多良間村

むらづくり課を「産業」「土木」に分割


 【多良間】多良間村議会(西平幹議長)は28日、2013年第1回臨時議会を開き、下地昌明村長が提案した「多良間村課設置条例の一部を改正する条例」を可決した。むらづくり課を、産業経済課と土木建設課に2分割。観光振興課を総務財政課から分離して設置した。



 土木建設課は土木、建設に関する業務に専門的に取り組む。国営かんがい排水事業の今後の着工伴い、業務が煩雑になることを見据えて対応した。産業経済課は、農林水産業に関する業務を行う。村づくり課の分割については、昨年の3月議会でも議員から助言があったという。


 観光振興課は、下地村長が重要施策に位置付ける観光による活性化推進を目的に設置した。下地村長は「多良間村は観光発展を視野に、県立自然公園の指定を受け、日本で最も美しい村連合にも加盟した。今後は、一括交付金活用して、施策を推進したい」と抱負を語った。