宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2013年4月5日(金) 9:00

きょうグランドオープン/あたらす市場

多彩な企画、特価フェア開催


グランドオープンフェアを控え多彩な商品が並べられた=4日、市内のあたらす市場

グランドオープンフェアを控え多彩な商品が並べられた=4日、市内のあたらす市場

 JAおきなわ(砂川博紀理事長)が運営する新築施設のファーマーズマーケット宮古「あたらす市場」がきょう5日、グランドオープンし、午前10時からセレモニーが行われる。オープンを翌日に控えた4日、生産者や加工業者などの関係者らは、地元で生産された「安全・安心・新鮮」な農産物や加工品を売り場台に並べ、本番に備えた。営業時間は午前9時~午後7時。



 5~7の3日間をグランドオープンフェアーと銘打ち、先着来店の企画では、ポップコーンまたはかき氷を300人、牛汁を100人、サーターアンダギー・多良間産黒糖を200人にそれぞれプレゼントする。


 店頭精米販売コーナーでは、石垣産と岩手産のひとめぼれ、愛媛産ひのひかり、長野産こしひかりを特価でサービスする。3日間の午前11時~午後12時までをタイムサービスに設定し、岩手産ひとめぼれを試食・販売する。
 また、旬の青果特価コーナーでは、ニンジン・タマネギなどがばら売り1袋で100円。宮古牛特価コーナーでは、牛スジ・ステーキ・焼き肉用・ハンバーグを直売する。


初日のオープニング記念イベントは▽午前9時分=福寿保育園の余興▽同40分=オープニングセレモニー▽同10時=店舗オープン▽同10時5分=柳卓ホットスマイル▽正午~午後3時=民謡ライブ・民謡ショー▽同4時=JA平良・上野女性部の余興。


 新施設は、JA宮古地区本部前に建設。鉄骨平屋建てで、売場面積は旧施設に比べ1・5倍の492平方㍍。総事業費約2億1000万円・うち国庫補助約1億3390万円、自己負担約7700万円。


 問い合わせは、あたらす市場(電話72・2972)へ。