宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2013年4月19日(金) 9:00

登録受け付けスタート/トライアスロン

選手ら本番に備える


リラックスした表情で登録を済ませる出場選手の皆さん=18日、市総合体育館

リラックスした表情で登録を済ませる出場選手の皆さん=18日、市総合体育館

 第29回全日本トライアスロン宮古島大会は18日、市総合体育館で選手登録の受け付けが始まった。きょう19日まで行われる。選手たちはリラックスした表情で登録を済ませ、21日の本番に備えていた。今大会の出場選手は1500人余。



 登録受け付けは午後1時にスタート。選手たちは開始時間とともに続々と体育館に訪れて登録した。


 大会スタッフから、選手個人のIDとなるリストバンドをはじめゼッケン、スイムキャップ、大会冊子ほか協賛各社の支給品などを受け取った。


 選手たちは、スタッフから「頑張ってください」と声を掛けられると、「絶対完走します」「はい、頑張ります」などと力強く返答していた。


 神奈川県から出場の藤田武己さんは、宮古島大会3度目の挑戦。「前回は、体調が悪くて悔しい思いをしたので今年は頑張って日没までに完走したい」と気を引き締めていた。


 レースは21日午前7時にスタート。スイム3㌔、バイク155㌔、ラン42・195㌔で行われる。