宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2013年7月20日(土) 9:00

伊良皆村長就任を祝う/多良間村



祝福の花束を受け取る伊良皆村長夫妻=19日、多良間小学校体育館

祝福の花束を受け取る伊良皆村長夫妻=19日、多良間小学校体育館


 【多良間】伊良皆光夫氏の多良間村長就任激励会・懇親会が19日夜、多良間小学校体育館で開かれた。会場には伊良皆村長の支持者らが大勢の村民が来場。全員で乾杯して就任を祝福するとともに、今後の活躍に期待を寄せた。伊良皆村長は「スピーディーな村政運営にまい進したい」と今後に向けた抱負を語った。



 来場者の拍手に迎えられ会場入りした伊良皆村長は、村長選挙での支援に謝意を述べるとともに「村民の厳粛な負託を受け、村長として村政執行に当たる責任の重さを痛感している」と述べた。今後の村政運営については、村民自らが村について考える村民による村づくりと、村長が采配者となり強い意志を持って職員を束ね組織として動かしていくことを目指す方針を示した上で「スピーディーな村政運営にまい進したい」との抱負を語った。


 激励会発起人代表として豊見城玄淳村議は「伊良皆村長に期待している。選挙戦同様、悔いのない活躍をお願いしたい」と要望。伊良皆光夫後援会の仲本春一会長は「村の発展のため村民の皆さんと一緒に頑張ることを心からお願いしたい」と呼び掛けた。


 前村長の兼濱朝徳氏は、村のリーダーとして必要なこととして、常にチャレンジすることと、スピーディーな対応を挙げ、「良いプランがあっても実行が遅ければ村の発展は遅れる。プラン作りと実行、検証をスピーディーに行う必要があり、伊良皆村長にはその能力を十分に備え持っている」と激励した。
 懇談会では多数の村民がステージに登場し、歌や踊りの余興を披露した。