2013年9月29日(日) 9:00

宮古民謡など熱唱/ひまわりの会

5周年記念しコンサート


「宵待草」などを披露した大田さん=28日、宮古島東急リゾート

「宵待草」などを披露した大田さん=28日、宮古島東急リゾート

 声楽家の伊江朝明氏の門下生で構成する「ひまわりの会」(大田京子代表)の結成5周年を記念する宮古島コンサートが28日、市内のホテルで行われた。出演者は大田さんほか、真榮城孝さんと山内正枝さん。奥平めぐみさんがピアノで伴奏した。いずれも宮古島市出身。3人の歌声が会場に響き聴衆を魅了した。



 2部構成で行われたコンサートの第1部は真榮城さんが深みのある低い歌声で「泊まり舟」を熱唱。山内さんは宮古民謡の「ばんがむり」、大田さんがアヴェ・マリアを澄んだ美しい歌声で披露した。

「芭蕉布」などを歌った山内さん

「芭蕉布」などを歌った山内さん


 第2部は奥平めぐみさんのピアノソロでショパンの「華麗なる大円舞曲」で幕を開け、ナポリ民謡のオ・ソレ・ミヨやオペラ「蝶々夫人」から「ある晴れた日に」などの名曲を披露した。


 聴衆の一人、砂川末子さんは「とても新鮮な気持ちで楽しみながら聞いている。宮古島でこのようなコンサートを聞くことができてとても幸せ」と感想を述べた。

「泊まり舟」を熱唱した真榮城さん

「泊まり舟」を熱唱した真榮城さん