宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2014年2月22日(土) 9:00

最高は宮高理数科の1・24倍/14年度高校入試最終志願状況

学力試験は3月6、7日/宮総実商業科は1・21倍


 【那覇支社】県教育庁(諸見里明教育長)は21日、2014年度県立高校一般入学者選抜(高校入試)の最終志願状況を発表した。


 宮古地区では3校3学科で定員を上回る志願があった。最も志願倍率が高かったのは宮古高校理数科で1・24倍だった。推薦入学内定者25人を除く一般入学定員55人に対し68人が志願した。次いで宮古総合実業高校商業科が1・21倍。推薦入学内定者7人を除く一般入学定員33人に対し40人が志願した。同校食と環境科フードクリエイトが1・13倍。推薦入学内定者4人を除く一般入学定員16人に対し18人が志願した。宮古工業高校自動車機械システム科自動車コースが1・05倍。一般入学定員20人に対し21人が志願した。


 一般入学の学力試験は3月6、7の両日に受験する高校で行い、同13日午前9時に各校で合格者を発表する。 


 4校の一般入学定員数と志願倍率は宮高205人(1・06倍)、伊良部64人(0・03倍)、宮総実180人(0・87倍)宮古工業113人(0・75倍)となった。


 県全体の一般入学最終志願者数は全日制で1万2591人、定時制で352人、全定合わせて1万2943人だった。前年度より105人増加した。


 また、志願状況における取り下げ者数は全定合わせて414人で、再出願者数は全定合わせて388人だった。


 全県の志願倍率は全日制0・99倍、定時制0・68倍で全定合わせて0・98倍で、前年度より0・02ポイント増加した。


 全県で最も志願倍率が高かった学科は沖縄水産海洋技術科の2・06倍。次いで美来工科高ITシステム科とコザ高(定)商業科が2・00倍となり、いずれも実業高校と専門学科が高い倍率となっている。


 第2次募集の願書受付は3月14、17の両日。受付時間は14日午前9時~午後5時と17日午前9時~午後4時まで。また、2次募集の志願変更と再出願は同18日午前9時~午後4時までとなっている。

  • 宮古島の人口

    令和3年1月1日現在

    宮古島市 55,009 人
    27,822 人
    27,187 人
    世帯数 28,370 軒
    多良間村 1,101人
    602 人
    499 人
    世帯数 520 軒
  • 天気


  •  

    2014年2月
    « 1月   3月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    232425262728  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2