2014年6月11日(水) 9:00

なかばり振興協に100万円/宮古島市

地域活性化のモデルに


補助金決定通知書の交付を受けた「なかばり益々ぷからす振興協議会」の上里会長(中央)。左は市生活環境部の平良部長、右は仲原自治会の上里会長=10日、宮古島市役所平良庁舎

補助金決定通知書の交付を受けた「なかばり益々ぷからす振興協議会」の上里会長(中央)。左は市生活環境部の平良部長、右は仲原自治会の上里会長=10日、宮古島市役所平良庁舎

 宮古島市は10日、「100年後も存続」を合い言葉に活動を続けている城辺仲原地区の「なかばり益々ぷからす振興協議会」(上里勝彦会長)に補助金100万円の交付を決めた。同協議会は仲原自治会と連携して空き缶収集や野菜の販売を行い、その収益を自治会の運営に役立てている。上里会長は「自治会費に頼ることのない自治会を確立したい」と話し、自立に向けて意欲を示した。


 今回の補助金決定は、地域活性化モデル地区支援事業の一環。地道な活動で地域活性化を図る同協議会をモデル地区に指定し、補助金交付団体に決めた。同協議会への交付は3年連続。


 同協議会は空き缶の収集と、トウガラシ、祝儀袋の販売活動を行っている。トウガラシは地域住民が栽培したもので、同協議会がこれを買い取り、別で売って収益を得ているという。


 これらの活動の成果は自治会費の負担軽減という形で表れている。同自治会は56世帯約130人の地域だが、12年度は1世帯当たり年間2000円、13年度は年間4000円も軽減することができたという。


 補助金交付通知決定書を交付した市生活環境部の平良哲則部長は「これからも100年後の存続を目指して頑張ってほしい。皆さんの活動が、ほかの地域にも波及していくことを期待している」と述べた。


 上里会長は「今年も自立心を持って活動を続けていきたい。自治会の皆さんの負担をさらに軽減できるように頑張りたい」と話して活動の充実を約束。新たな活動としてムイガーの有効活用などを挙げた。


 同席した仲原自治会の上里吉孝会長は「自治会としても協力し、地域の活性化を図りたい」と話した。

  • 宮古島の人口

    令和2年2月1日現在

    宮古島市 54,801 人
    27,611 人
    27,190 人
    世帯数 27,855 軒
    多良間村 1,126 人
    605 人
    521 人
    世帯数 513 軒
  • 天気


  •  

    2014年6月
    « 5月   7月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2