2014年11月18日(火) 8:55

「同期生」(行雲流水)

 同期生というのは、不思議な人間関係で結ばれていると、つくづく思う。何年会わなくても、会うと、いつも会っているような、会えるような、そんな懐かしさ、親しみを感じさせる


▼たぶんそれは、自我に目覚める多感な時期に形成され、深く心理の深層の中に沈潜していて、その後の人生で体験するさまざまなことを包みこみ、無意識のうちに、人と共に生きる懐かしさの原点になっているのだろう


▼エーリッヒ・フロムは人が生きていく上での二つの基本的な存在の仕方-「持つこと」と「在ること」を区別、分析している。現代産業社会では、物を持つことを自己の価値、存在のあかしとすることに慣れている。この関係は物ばかりでなく、人間関係にも及び、主体をも客体をも物に還元する


▼それに対し、「ある」ということでは、何ものにも執着せず、何ものにも拘束されず、原点に返って、共に生きる喜びを確信できる


▼現実の社会では経済力や地位が圧倒的な力を持っており、それにそった価値観で多くの人は生きている。しかし、その価値観も、視点を変えると絶対的なものではないことが分かる。人生いろいろ。極端だが、芥川龍之介は『或阿呆の一生』で、「人生は一行のボードレールに若(し)かず」と芸術至上主義的な価値観を述べている


▼フロムの人生を肯定する価値観では、人は他者との関係において与え、分かち合い、関心を共にする生きた関係になる。そこには「愛」がある。人類愛、博愛、異性愛。そして、「友愛、同期生愛」。

  • 宮古島の人口

    令和元年11月1日現在

    宮古島市 54,755 人
    27,586 人
    27,169 人
    世帯数 27,782 軒
    多良間村 1,126 人
    603 人
    523 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2014年11月
    « 10月   12月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2