宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2015年2月15日(日) 9:00

遊覧飛行で空中散歩楽しむ

伊良部大橋開通記念 OTSが企画


眼下の景色をビデオなどで撮影する子供たち=14日、FDA機内

眼下の景色をビデオなどで撮影する子供たち=14日、FDA機内

 「祝開通!伊良部大橋開通記念」のフジドリームエアラインズ(FDA)チャーター便による遊覧飛行が14日、宮古空港発着で行われた。この日限定で、初めての運航。市民ら76人が、宮古島、多良間島、下地島、伊良部島を周遊する、約1時間の空中散歩を楽しんだ。窓から見える景色を機内から撮影する参加者の姿が多く見られた。


 沖縄ツーリスト(OTS)が伊良部大橋開通を記念して企画、FDAがチャーター便を運航した。使用した機体はFDAの4号機で、松本市観光大使として任命されている同社の76人乗りの小型機。


 平良から長女(3)と参加した謝敷茜さん(27)は「この機会に、ぜひ宮古島や多良間島を空から見たかった。特に多良間島には行ったことがないので、空から見られて良かった。楽しい企画で、またあれば乗ってみたい」と話した。


 石原太朗君(12)は「初めて遊覧飛行をした。いつもよりも(飛行)高度が低かったので、ちょっとドキドキした。下地島空港が一番印象に残った。伊良部大橋は、もやが掛かってあまりよく見えなかったけれど、とっても長かった」と笑顔で感想を話した。


 FDAチャーター遊覧飛行は宮古空港を午後3時10分ごろに離陸し、宮古島から多良間島、下地島、伊良部島を巡り、午後4時ごろに宮古空港に着陸した。