2015年2月17日(火) 8:55

前泊 実希さん(23歳)/宮古島市立東保育所

憧れの保育士に


前泊実希さん

前泊実希さん

 昨年4月に採用され、現在0歳児の担当だ。保育士は「小さい頃からの憧れでした」という。その訳は「幼稚園の頃、すてきな先生に出会いまして、以来、先生になりたいという思いを募らせてきました」とのことで、高校卒業後、大阪の大学に進み、資格を取得する。


 そして宮古島市の採用試験に応募、合格する。いちずな思いがかなえられたことに「うれしかったです。それまでの周囲の支えに感謝しています」と笑顔。


 その保育所勤めについて「想像以上に事務処理が多くて、子どもたちを預かることの大変さを感じています。帰宅するとぐったりです」と新人らしい弁。でも「幼児の成長は早く、変化は楽しいです」と充実を語り、続けて「自信を持って自由に振る舞う先輩方のように早くなりたいですね」と覇気をみせた。


 プロフィル 平良字荷川取在。1992(平成4)年1月23日生まれ。