2016年3月27日(日) 9:05

野ネズミ被害が深刻化/下地入江地区キビ畑

野そ剤、ヘリでの空中散布訴え


野ネズミの被害を受けたサトウキビ。下地入江地区にキビ畑がある農家が、被害部分を刈り取り本紙に状況を説明した=23日、下地入江地区

野ネズミの被害を受けたサトウキビ。下地入江地区にキビ畑がある農家が、被害部分を刈り取り本紙に状況を説明した=23日、下地入江地区

 下地入江地区の複数のサトウキビ畑で、野ネズミがキビを食い荒らす被害が深刻化している。収量は例年を下回ることが確実な農家もいて、頭を抱えている。被害を受けた農家の一人は、ヘリコプターから実施していた野そ防除が、昨年から農家で撒く地上散布に変わったことを指摘。「散布はキビ畑に限っており、原野には撒かれない。まったく防除しない農家もおり、畑の一部分にだけ撒く農家もいる」と話し、地上散布では防除に限界があると訴えている。


 市はヘリでの空中散布から、農家による人力での地上散布に変更した理由として▽安全面が確保される▽予算が縮減できる▽散布にばらつきが無くなる-ことなどを挙げている。


 ヘリでの殺鼠(そ)剤散布は、風向きや天候などの影響で、散布対象外の住宅地や草地、果樹園、道路などに落下していた。


 子供たちの手に触れやすいことや、ペット、家畜などが誤飲する恐れのほか、ヘリの低空飛行の危険性も指摘されていた。


 ヘリでの散布は、約1760万円の予算が必要で、財政面の観点から見直しが求められていた。


 一方、人力での地上散布は、農家が市に申請して実施する。作業量が増えるほか高齢化もあり、体力的な面から全ての農家が申請するとは限らない。


 また、野ネズミ駆除は「一斉防除」が有効とされるが、殺鼠剤の散布時期のばらつきや、原野などには撒けない点が懸念されていた。


 さらには、殺鼠剤は農作物専用であることから、散布する際には生態系への配慮が必要。このため、原野や山林などへの散布は、法的に問題が生じる恐れがあり、慎重に対応することが求められていた。


 野ネズミの被害を受けた農家の一人は「殺鼠剤はキビ畑の周辺だけに撒いた。畑の中にまで撒くのは、体力的に厳しい。まったく撒かない農家もいて、防除対策がばらばらだ」と指摘。「土地改良が進んでいる畑はヘリで散布するとか、民家に近い畑は農家がやるとか、状況に応じた防除方法を考えてほしい」と話した。


 市は次年度予算には、ヘリでの空中散布作業委託料は計上せず、「農薬代」のみを盛り込んだ。


 市農林水産部の砂川一弘部長は市議会3月定例会一般質問で、「原野などへの散布はどうするのか」などの苦情が農家から上がっていることを報告した上で「平成28年度の防除は、27年度と同様に地上散布での防除をお願いしたいと思っている」と答弁するなど、当面は地上防除で対応していく方針を示した。

  • 宮古島の人口

    令和元年12月1日現在

    宮古島市 54,792 人
    27,602 人
    27,192 人
    世帯数 27,848 軒
    多良間村 1,127 人
    604 人
    523 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2016年3月
    « 2月   4月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2