宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2016年3月27日(日) 9:06

方言や訛を大切に

伊奈かっぺい、下地イサムさん競演


歌とトークで楽しいコンサートを繰り広げた下地イサムさん(左)

歌とトークで楽しいコンサートを繰り広げた下地イサムさん(左)

軽妙なトークで会場を笑いの渦に巻き込んだ伊奈かっぺいさん

軽妙なトークで会場を笑いの渦に巻き込んだ伊奈かっぺいさん

 異色マルチタレントとして知られる伊奈かっぺいさんの講演会と、宮古島市出身のシンガーソングライター、下地イサムさんのコンサート(主催・市、市教育委員会、市文化協会)が26日夜、マティダ市民劇場で開かれた。伊奈かっぺいさんは「人と同じことをやってはいけない」と個性やオリジナリティーを主張し、方言や訛(なまり)の素晴らしさを訴え。下地イサムさんは、歌を交えながら「パリ(畑)」「ヴゥーズ(サトウキビ)」などの宮古方言を披露し「先人たちは素晴らしい言葉を残してくれた」と話した。


 「遊び道具としてのコトバ」と題した講演で伊奈かっぺいさんは、漢字をさまざまに崩して、まったく違う読み方にするなど「学校では教えない(教えられない)」漢字の数々を紹介。「晶」を「第3日曜日」と言ったり、文を三つ書いて「ブンブンブンハチが飛ぶ」などと遊び心に溢れた世界で会場を笑いの渦に巻き込んだ。


 2014年に東京の八丈島で開かれた方言に関するシンポジウムを報告。日本の消滅危機言語とされる8言語地域を挙げ「宮古の方言は危機言語となっている。今の内に、方言が話せる人は話した方が良い」と強調。「家族や友人とユーモアを交えながら、楽しく話していけば自然と残っていく」と述べ、日常生活の中で使っていこうと呼び掛けた。


 青森県生まれ。同じ県とは思えないほど、明らかに訛りや方言が違うことを指摘し、実際に話し比べてみたり、東北6県を自身の体を使って紹介したりして観衆の目をくぎ付けに。擬音や派手なパフォーマンスは即興漫才のようで、約50分間の講演は最後まで観衆を引き付けていた。


 引き続き、下地イサムさんがコンサート。オープニングで「我達が生まり島(ばんたがんまりずま)」を披露し出身地・久松の風景などをしみじみと歌い上げた。


 下地さんの名を広めた「サバぬにゃーん(ゴム草履がない)」は「自分の人生が変わった」と言い、軽妙なギターと歯切れの良いボーカルで、観衆の笑いと手拍子を誘った。


 歌の合間のトークでは宮古方言の魅力を紹介。独特のイントネーションや言い回しは「まるでフランス語のようだ」と話した。


 講演会とコンサートは、第10回市民総合文化祭・一般の部「芸術劇場」、市制施行10周年記念事業として開催した。

  • 宮古島の人口

    令和2年3月1日現在

    宮古島市 54,830 人
    27,645 人
    27,185 人
    世帯数 27,904 軒
    多良間村 1,124人
    605 人
    519 人
    世帯数 514 軒
  • 天気


  •  

    2016年3月
    « 2月   4月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2