宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2016年4月1日(金) 9:01

【はばたけあすの顔】母のように育てる/カンガルー保育園 れもん組

男子10人、女子9人(4・5歳児)


カンガルー保育園 れもん組

カンガルー保育園 れもん組

 カンガルー保育園(下地諒子園長)は1981(昭和56)年に開園した。名称は「カンガルーの子どもは、おかあさんのふくろから出て外で遊ぶようになっても、やっぱりふくろがこいしくなる」という親子の温かい触れ合いに由来する。下地園長は「子供はしっかり抱きしめて育てるのよ」と先生たちに話し聞かすという。


 園目標には「知・徳・体の芽を育む保育」などを掲げた。知の面では、ひらがなや数字を覚え、手紙のやり取りをする子もいる。名前は全員書ける。


 取材の日、打楽器奏者の普天間健さんを講師に、太鼓演奏を練習した。鍵盤ハーモニカが奏でる「クイチャー」のリズムに合わせて「ドドン、ド、ドン」。普天間さんが「自由にどうぞ」と言うと「ドドドドーン」と思い切り打ちならしていた。


 担任の仲間先生は「目標に向かって頑張る子、友達に優しい子に育ってほしい」と話した。


 【男子】うえざと りくと▽まつがわ しんじ▽まつがわ せいじ▽しんざと りと▽かわみつ ひゅうが▽おおみね はるき▽しもじ けいと▽まえだ まおと▽はまがわ えいと▽オゥ ムラゴーン アダム


 【女子】みやぎ るか▽たいら るり▽たいら ひかり▽しもじ ゆづき▽うえざと あいみ▽いけま りおな▽くになか いぶき▽ともり あいか▽いしがき りりあ


 【担任】仲間さとみ先生