宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2016年8月7日(日) 9:03

漁師と「アギヤー」写真に/中村さん、出版記念講演

講演する中村征夫さん=6日、伊良部公民館

講演する中村征夫さん=6日、伊良部公民館

 写真家、中村征夫さんの講演会(プラネット・フォー主催、伊良部島漁業協同組合共催)が6日、伊良部公民館で開かれた。中村さんは、伊良部島に伝えられている伝統漁法「アギヤー」で、グルクン(和名・タコサゴ)を追い込む漁師の姿などを写真で紹介。海の美しさと恵み、かつて栄えた漁師町を振り返った。


 講演会は、アギヤー漁を30年にわたり記録した写真集「遙かなるグルクン」の出版記念として行われた。


 講演で中村さんは「アギヤーでは、全員が自分の分担を分かっている。海の中で、流れるような作業が進行していく。カメラマンから見れば息を呑む美しさで、その瞬間を切り取り、見せてあげたいと思った」と話した。


 母船から海に飛び込む漁師や、竹製の脅し棒「スルシカー」を使って、魚群を網へ追い込む様子などをモノクロ写真で紹介した。


 グルクンを「青い宝石と思えるくらいに美しい」「泳ぐと『ヒュルヒュルヒュル』と音が聞こえてきそうだ」などと語り、グルクンの群れ泳ぐ様子や、袋網に入り引き上げられていく姿を紹介した。


 漁港を臨む急斜面にコンクリートの家が建つ佐良浜の街並みや、漁港にサバニがぎっしりと停泊している様子、漁師直伝のロープの結び方など、かつての漁師町の面影を切り取った写真と、それにまつわるエピソードは最後まで聴衆を引き付けていた。


 講演後は地元の漁師と意見を交わす「アギヤー漁師たちとの座談会」が開かれた。


 参加した一人の漁師は「きょうはグルクンが捕れるか捕れないか、ばくちのようなものだし、グルクンとの駆け引き、潮の読みを間違えると一匹も捕れない場合もある」と話した。その上で「アギヤーは、自分の感じている楽しさを証明できないほど楽しい」と語った。

  • 宮古島の人口

    令和3年1月1日現在

    宮古島市 55,009 人
    27,822 人
    27,187 人
    世帯数 28,370 軒
    多良間村 1,101人
    602 人
    499 人
    世帯数 520 軒
  • 天気


  •  

    2016年8月
    « 7月   9月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2