2017年1月25日(水) 9:05

極真空手で世界一/長田さん(両親が宮古出身)

親戚に優勝を報告/さらなる高みを目指す


高さ1・6㍍の優勝トロフィーを手にする長田裕也さん=24日、平良東仲宗根の親戚宅

高さ1・6㍍の優勝トロフィーを手にする長田裕也さん=24日、平良東仲宗根の親戚宅

 素手で直接打撃を与え合う、極真連合杯第4回世界空手道選手権大会(21、22日、那覇市の県立武道館)男子無差別級で、両親が宮古出身で、兵庫県に住む長田裕也さん(28)が初優勝した。長田さんは23日に両親のふるさとに凱旋帰島。24日には親戚らに優勝を報告するとともに、親戚や関係者が主催する祝賀会に参加した。長田さんは極真会館が主催する主要4タイトルを総なめ。「目標にしていた大会で優勝できてうれしい。次は他流派の大会に参加したい」とさらなる高みを目指している。


 同大会は、4年に一度開かれ、男子無差別級には26カ国から71人が参加。2日間にわたりトーナメントで争われた。


 長田さんは、1回戦から準決勝までの5試合を「技あり」と「判定」で制し、決勝に進出。相手はカザフスタンの選手で、3分間の「本戦」で決着が付かず、2分間の延長の末、判定勝ちを収めた。


 長田さんは「苦しい試合だったが、相手は準決勝で弟弟子を下しており、どうしても負けられない試合だった」と振り返った。


 「一番、取りたかったタイトルを獲得できた。今は体を休めながら試合の様子を映像で振り返り、改善点を見つけて後輩に伝えていきたい」と話した。


 長田さんは身長178㌢、体重91㌔。攻撃スタイルは、突きを主体に相手のボディーを攻め、回し蹴りで足にダメージを与えながら、後ろ回し蹴りの大技で組み立てるという。


 子供のころから夏休みなどを利用して宮古を訪れており、昨年10月にも同大会に向けた強化合宿を行ったという長田さん。「砂山や前浜ビーチで走り込みをした。その成果が出た」と笑顔を見せた。


 平良西原出身の父保さんは、極真会館兵庫県琉道會道場の代表師範。門下生は約100人いるという。


 「大会では、文句のつけようがない強さだった。あとは精神力を鍛えるだけ」と話した。

  • 宮古島の人口

    令和元年8月1日現在

    宮古島市 54,728 人
    27,562 人
    27,166 人
    世帯数 27,657 軒
    多良間村 1,134 人
    605 人
    529 人
    世帯数 518 軒
  • 天気


  •  

    2017年1月
    « 12月   2月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2