2017年1月29日(日) 9:01

【ニュースウィークリー】1月22日~1月28日

の宮古島楽しもう/ゆくるPJがスタート


 宮古島の観光業の閑散期に当たる冬期に観光客の集客を図ろうと、2017年「ゆくる宮古島プロジェクト」が20日始まり、宮古島観光協会などの関係者らが宮古空港の到着ロビーで本土から訪れた観光客らにパンフレットを配布した。(1月22日掲載)




下地敏彦氏が3選果たす/市長選、保守市政継続


 任期満了に伴う第4回宮古島市長選挙は22日、投票が行われ、即日開票の結果、保守系で無職属現職の下地敏彦氏(71)=自民推薦=が9588票を獲得、革新系でオール沖縄を掲げる元県議の奥平一夫氏(67)=民進推薦=、前市議会議長の真栄城徳彦氏(67)、医師の下地晃氏(63)=社民推薦=の無所属3人を破り、3選を果たした。(1月23日掲載)



下地敏彦氏に当選者に証書/市議補選当選者2人にも


 市選挙管理委員会は23日、市長選挙(22日投開票)で、3選を果たした現職の下地敏彦氏に当選証書を付与した。証書を手にした下地敏彦氏は「元気な宮古島をつくっていきたい」と公約の実現に向け抱負を述べた。市長選と同時に行われた市議会議員の補欠選挙で当選した前里光健氏と石嶺香織氏にも当選証書が付与された。(1月24日掲載)



安慶田副知事辞職を表明/「口利き」疑惑は否定


 安慶田光男副知事は23日会見し、同日付で辞職することを明らかにした。教員採用試験で口利きを依頼したなどの報道を受けたもので、「県民に不安を与え県政を混乱させたことは重大だと考えている。職を辞することで県政運営がスムーズにできることを望む」と辞任の理由を述べた。(1月24日掲載)



長田裕也さん無差別級でV/極真世界空手選手権


 素手で直接打撃を与え合う、極真連合杯第4回世界空手道選手権大会(21、22日、那覇市の県立武道館)男子無差別級で、両親が宮古出身で、兵庫県に住む長田裕也さん(28)が初優勝した。長田さんは日に両親のふるさとに凱旋帰島。24日には親戚らに優勝を報告するとともに、親戚や関係者が主催する祝賀会に参加した。(1月25日掲載)



12月までに57万人前年度比17万余増/16年度入域観光客数


 2016年4月から12月までの宮古島市への入域観光客数は57万1285人となり、前年度同期実績の39万2063人を17万9222人上回った。12月単月でも前年比6334人の増となった。市観光商工局観光課がこのほど発表したもので、羽田と関西からの宮古直行便が好調なことが主要因と分析した。(1月25日掲載)



5人が大会長表彰市長に喜びの報告/県母子保健大会


 1月19日に開催された第50回県母子保健大会で大会長表彰を受けた歯科医師や保健師ら5人が25日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね喜びの報告を行った。大会長表彰を受けたのは歯科医師の平良和枝さん、保健師の仲宗根美佐子さん、管理栄養士の濱元潤子さん、母子保健推進員の謝花美幸さんと宮城好子さんの5人。(1月26日掲載)



公約実現へ決意新た/下地市長3期目スタート


 宮古島市長選挙で3選した下地敏彦市長が25日、初登庁した。臨時庁議で下地市長は「3期目の新たな公約実現のために、協力をお願いしたい」と述べ、選挙戦で掲げた公約の実現に向けて決意を新たにした。(1月26日掲載)



ネットで買い物配達サービスも/マックスバリュ西里店


 イオン琉球は、ネットを利用して商品を注文し、自宅に届ける「イオンネットスーパー」を25日夕から、また、店舗で買った商品をその日のうちに自宅に届ける「お買い物らくらく宅配便」のサービスを26日から、それぞれマックスバリュ宮古西里店でスタートさせた。(1月27日掲載)



宮島小学校が4月から休校/市教委が正式発表


 市教育委員会の宮國博教育長は26日会見し、宮島小学校を4月1日から休校すると発表した。児童6人のうち、今年3月で卒業する6年生3人を除く3人の児童の保護者から、転校を希望する申請書が提出されていることを受けての措置。(1月27日掲載)



キビ脱葉設備本格的に始動/宮糖伊良部工場


 宮古製糖伊良部工場にハーベスターで刈り取られたサトウキビ原料と葉殻などを選別するキビ原料脱葉(だつよう)処理設備が新設され27日、運転開始式が行われた。宮古製糖の安村勇社長ら関係者約40人が見守る中、重機を使って大量の原料が投入され、本格的に始動した。(1月28日掲載)



エコブランド豚確立目指す/3候補試作肉を試食


 養豚の再生を目指す宮古地域養豚エコブランド確立推進協議会は27日、宮古家畜保健衛生所で試作豚肉の食味試験会を開いた。試作3候補と従来の豚から計12種類の肉を用意。50人のモニターが焼き肉としゃぶしゃぶを試食し、見た目、臭い、味に触れた。専門家によると試作豚肉は「かなり良い」。宮古ブランド豚の誕生に期待が高まる。(1月28日掲載)

  • 宮古島の人口

    令和2年2月1日現在

    宮古島市 54,801 人
    27,611 人
    27,190 人
    世帯数 27,855 軒
    多良間村 1,126 人
    605 人
    521 人
    世帯数 513 軒
  • 天気


  •  

    2017年1月
    « 12月   2月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2