2017年8月12日(土) 9:06

年間総重量など喜翁丸が優勝/「パヤオの日」式典で表彰

「パヤオの日」式典で表彰された関係者ら=11日、佐良浜漁港

「パヤオの日」式典で表彰された関係者ら=11日、佐良浜漁港

 宮古地区パヤオ管理運営委員会(会長・漢那一浩伊良部漁協組合長)主催の2017年度「パヤオの日」式典が11日、佐良浜漁港の特設会場で行われた。パヤオ漁業表彰式で、同漁協所属の第五喜翁丸(漢那竜也船長)が今月設定された期間総重量賞の部で優勝し、併せて2016年度の鰹船の部の年間総重量賞で表彰された。16年度の本鮪賞には宮古島漁協所属の「じゅん丸」(久高勇光船長)が輝いた。


 式典で、漢那会長は「昭和57年に、この地佐良浜において全国で初めてパヤオ設置してから今年で35年目を迎える。特にパヤオを中心とした漁業は、カツオ、マグロ漁が中心であり、漁場が近いことから、鮮度が良いことでいろんな方面からの評価を受けている」と述べた。


 その上で「伊良部では、沖縄県のカツオ水揚げの7~8割が水揚げされている。国・県・市におかれましては、これまで以上のご支援とご協力をお願い申し上げる」と語った。


 来賓の下地敏彦市長(代読・長濱政治副市長)、植田修宮古農林水産振興センター所長(代読)、上原亀一・県浮魚礁(パヤオ)漁業等調整連絡協議会長がそれぞれあいさつ。さらなる水産業の発展、航海安全、大漁を願った。


 表彰式後、ダブル賞を受賞した漢那船長は「これからも乗組員と力を合わせて航海安全と大漁を続けたい」と決意を新たにした。


 表彰されたのは次の皆さん。(敬称略)


 ▼8月6~9日までの期間水揚げ
 【大物賞の部】優勝=第七優漁丸(渡真利武船長)12㌔▽準優勝=満漁丸(根間明勇船長)11㌔【総重量賞の部】第五喜翁丸(漢那竜也船長)4857㌔


 ▼2016年度の水揚げ実績
 【本鮪賞】じゅん丸(久高勇光船長)285㌔【小型漁船の部の年間総重量賞】徳福丸(川満哲幸船長)83㌧【鰹船の部の年間総重量賞】第五喜翁丸(漢那竜也船長)208㌧

  • 宮古島の人口

    平成29年8月1日現在

    宮古島市 54,077 人
    27,003 人
    27,074 人
    世帯数 26,244軒
    多良間村 1,180 人
    636 人
    544 人
    世帯数 529 軒
  • 天気


  •  

    2017年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2