宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2017年9月5日(火) 9:04

伊良部大橋から海に転落/介護士の32歳男性が死亡

男性が誤って転落したと見られる伊良部大橋中央付近の欄干の外側の縁=4日午前

男性が誤って転落したと見られる伊良部大橋中央付近の欄干の外側の縁=4日午前

 4日午前0時ごろ、伊良部大橋から介護士の男性(32)=平良下里=が誤って海に転落した。男性は海底で発見されたが、同日午前7時29分に死亡が確認された。


 宮古島署によると男性は、同僚の女性と橋の上で雑談中、ふざけて橋の欄干を乗り越え、外側の縁に立ったところ足を滑らせて海に転落した。


 男性は酒を飲んだ後だったという。同僚の女性が110番通報した。
 現場は大橋の中央付近で、海面までの高さは約30㍍。


 転落した男性は行方不明になっていたが、約7時間後に捜索していた宮古島海上保安部の潜水士2人が、水深約18㍍の海底に沈んでいるのを発見し引き揚げた。


 伊良部大橋を管理する県宮古土木事務所によると、現場は長い急な坂の頂上付近で、橋の最高部に当たる。


 緊急車両が車などを避けて通ることができる「待避所」が設置されている。


 橋の最高部の下は「長山水路」と呼ばれ、多良間島と宮古島を結ぶフェリーたらまゆうの航路となっている。