2017年9月26日(火) 9:01

【行雲流水】(平和学の父)

 ヨハン・ガルトゥングはノルウェーの社会学者。紛争調停人。多くの国際紛争を調停するとともに、平和研究の功績により、「平和学の父」と呼ばれている。平和や人権の分野で、ライト・ライブリフッド賞(もうひとつのノーベル賞とも言われる)など30以上の賞を受賞している


▼彼は「積極的平和」、「構造的暴力」の概念の提唱者としても知られている。戦争のない状態だけでなく貧困、抑圧、差別など、構造的暴力のない状態を「積極的平和」とする概念である


▼彼は、中央大や国際基督教大学などでも教鞭を執っており、日本の実情にも詳しい。現在の日本の危機的状況に当たって、昨年『日本人のための平和論』を出版、緊急提言を行った


▼積極的平和主義は、平和を深めるもので、軍事同盟を必要とせず、専守防衛を旨とする。しかし日本は、同じ言葉で逆の方向を進めている。米国は最も好戦的な国であり、第2次大戦後、37カ国で、2000万人以上殺害している。覇権主義の行使であり、経済的利益のためである。日本は米国と一体となって武力行使をするようになると、米国の誤った行動に対する報復を受けることになる


▼日本では、重要な米軍基地が沖縄に集中している。戦争では敵の攻撃力の中心をたたくのが常道であり、戦争になれば沖縄が敵からの攻撃の対象となる。米国への従属をやめ、米軍基地を撤去、日本が真の独立を勝ち取ることである


▼彼は強調する。「力頼みの安全保障によって平和を得ることはできない。平和によって安全保障が得られるのだ。

  • 宮古島の人口

    令和元年8月1日現在

    宮古島市 54,728 人
    27,562 人
    27,166 人
    世帯数 27,657 軒
    多良間村 1,134 人
    605 人
    529 人
    世帯数 518 軒
  • 天気


  •  

    2017年9月
    « 8月   10月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2