2017年12月2日(土) 8:55

巡視船「しぎら」初入港/宮古島海保

増強配備4番船


基地港の長山港に初入港する巡視船「しぎら」。写真右奥同型巡視船「しもじ」=1日午前11時すぎ、伊良部長山港

基地港の長山港に初入港する巡視船「しぎら」。写真右奥同型巡視船「しもじ」=1日午前11時すぎ、伊良部長山港

 宮古島海上保安部(久留利彦部長)に増強配属された規制能力強化型巡視船の4番船「しぎら」(200㌧、藤石浩二船長ら16人乗り組み)が1日午前11すぎ、久留部長らが出迎える中、伊良部長山港に初入港した。同部に配属される同型船としては4番船になる。


 「しぎら」は11月15日に就役し、慣熟航海などを終え11月30日午後6時ごろ、平良港第2埠頭(ふとう)に到着し、1日に基地港の長山港に入港した。「しぎら」の入港で、宮古島海上保安部に配属された巡視船艇は合わせて7隻になった。


 「しぎら」はこれまで配属されている同型船の「くりま」「しもじ」「おおがみ」などとともに、領海内で不法操業する外国漁船の取り締まりをする。


 久留部長は「しぎらの乗組員も、訓練と現場での経験を積んで国民、海洋で生活する皆さんが安心して、漁業などの経済活動ができるよう、しっかりと海上の治安を守る」と述べた。


 藤石船長は久留部長に入港報告を終え「同型船としては4番船になる。これまで配属された同型の巡視船同様、巡視船の能力をフルに発揮して、宮古島はもちろん、国民の皆さんの負託に応えられるような職務をする」と抱負を述べた。


 規制能力強化型巡視船は、遠隔放水銃、遠隔監視採証装置、停船命令等表示装置などを主要装備として、他船に接舷する際に、船体へのダメージを抑制する防舷物などが特徴。

  • 宮古島の人口

    平成31年3月1日現在

    宮古島市 54,225 人
    27,176 人
    27,049 人
    世帯数 26,929 軒
    多良間村 1,169 人
    628 人
    541 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2017年12月
    « 11月   1月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2