2018年1月1日(月) 8:57

パーントゥ世界へ/平良

ユネスコ無形文化遺産登録候補


ユネスコ無形文化遺産登録候補として申請されている平良島尻の伝統行事「パーントゥ」。上野野原のサティパロウも含まれている。

ユネスコ無形文化遺産登録候補として申請されている平良島尻の伝統行事「パーントゥ」。上野野原のサティパロウも含まれている。

 ユネスコ無形文化遺産登録候補として申請されている平良島尻の伝統行事「パーントゥ」。今秋のユネスコ政府評価委員会で審議される予定だ。遺産登録に向けて、期待が高まる。


 文化庁が申請した正式名称は「来訪神 仮面・仮装の神々」。「宮古島のパーントゥ」は、平良島尻のパーントゥと上野野原のサティパロウの総称となる。昨年3月末に申請された。


 国指定重要無形民俗文化財の国内他9件の伝統行事とともにグループ提案されており、2009年に登録された鹿児島の「甑島(こしきじま)のトシドン」の拡張版となる。


 このほか一括申請された伝統行事は▽男鹿のナマハゲ(秋田)▽能登のアマメハギ(石川)▽遊佐の小正月行事(山形)▽米川の水かぶり(宮城)▽見島のカセドリ(佐賀)▽吉浜のスネカ(岩手)▽薩摩硫黄島のメンドン(鹿児島)▽悪石島のボゼ(鹿児島)-。


 一括申請の背景にはユネスコに行事の類似性を指摘された経緯がある。11年に登録を目指した秋田のナマハゲが、審査の過程で情報照会(追加情報の要求)の決定を受けたためだ。


 これを踏まえ国の文化審議会は再協議。結果として甑島のトシドンに追加する形で国指定重要無形民俗文化財「来訪神 仮面・仮装の神々」に選定し、一括登録を目指して申請した。


 宮古島初のユネスコ文化遺産登録に向けて、いよいよ審議が始まる。地域の住民が大切に受け継いできた伝統行事が世界中に知れ渡るのか。注目される。


 ユネスコ(国連教育科学文化機関)の目的は、無形文化遺産の保護。その重要性と相互評価に関する意識の向上を目指している。日本を含む協約国は172。


 登録までの流れは、協約国がユネスコに申請(毎年3月)した後、評価機関による審査を経て政府間委員会で決定される仕組みだ。


 過去、日本が申請して登録された文化遺産は能楽や歌舞伎、雅楽、結城紬、組踊り、和食(日本人の伝統的な食文化)、和紙(日本の手漉和紙技術)、山・鉾・屋台行事など計21件。


やりたいことは、全部やる/文化活動で飛躍
看護師へ 今春巣立ち/上原愛音さん(宮高3年)


「人の気持ちに寄り添える看護師になりたい」と話す上原愛音さん

「人の気持ちに寄り添える看護師になりたい」と話す上原愛音さん

 物事を前向きに捉え、どんな困難を前にしてもあきらめない強いマインドを備える。そんな形容がぴたりと当てはまるのが宮古高校に通う上原愛音(ねね)さんだ。勉学に励む傍らで文化、音楽活動にも全力で取り組む。高校3年間で受けた表彰は数え切れないほど。夢は看護師。実現に向けて、今春巣立つ。


 にっこり笑う表情が周囲の人を引きつける。あどけなさが残る普通の女子高生だが、ひとたび目標を掲げると時間管理の鬼となって行動を律する。一心不乱の集中力で日々のタスクを処理。「やりたいと思ったことは、全部やる」がモットーだけに、無駄な時間を徹底的に省く。「ひまが嫌いなんです。忙しい方がテンション上がるから」


 時間を制することで自らのモチベーションを高く維持し続ける。看護師になるための日々の勉強、大好きなピアノの練習、弁論などの文化活動。すべてに全力投球する。その結果、上原さんはピアノでも、弁論でも全国の舞台に立った。


 とりわけ「慰霊の日」で平和の詩を読んだことは大きな意味を持った。


 平和の詩を書くことが決まったとき、上原さんはクラスメート全員を前にしてこう言ったという。


 「この平和の詩は愛音が読むの。私が、慰霊の日で読みたい」


 宣言することで、あえて自身に重圧をかけた。「こうすると、もうやるしかないから」だという。「ボクシングの英雄モハメド・アリさんが『もし私を倒そうと思っているなら、今すぐ気持ちを改めて謝れ』って言った言葉が好き。それだけ努力して自信があるっていうことですよね。私もそんな自信を持ちたい」


 有言実行。上原さんは平和の詩を読んだ。恒久平和を願う純真な詩は国内外に伝えられ、絶賛の声が寄せられた。一方で、いわれのない誹謗(ひぼう)中傷的なネット上の書き込みに苦しんだという。それでも「世の中には多様な考え方があることが分かった。もう大丈夫」とたくましい。この経験も自分の成長の糧にしてしまうところが上原さんらしい。


 忙しい3年間はあっという間に過ぎ去り、上原さんはこの春、夢の実現に向けて県立看護大に進む。「人の気持ちに寄り添える看護師になりたい」。いつも見せてくれる屈託のない笑顔とともに、堂々と宣言した。

  • 宮古島の人口

    平成31年3月1日現在

    宮古島市 54,225 人
    27,176 人
    27,049 人
    世帯数 26,929 軒
    多良間村 1,169 人
    628 人
    541 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2018年1月
    « 12月   2月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2