2018年2月14日(水) 8:57

カツオ求めにぎわう/佐良浜漁港

16日の旧正月控え


旧正月を控え、カツオやマグロの仕入れが増えている=13日、佐良浜漁港

旧正月を控え、カツオやマグロの仕入れが増えている=13日、佐良浜漁港

 旧暦1月1日の「旧正月」に当たる16日を控え、伊良部の佐良浜漁港では13日、新鮮なカツオやマグロなどが大量に水揚げされ、正月用の魚を買い求める買い物客らでにぎわった。


 旧暦を重んじる佐良浜や池間島などでは、旧正月には先祖に海の幸などを供えるのが習わし。


 宮古はここ数日、海上がしけていたため、家庭によっては鮮魚の確保を心配していた。13日は2日ぶりの操業で、買い物客らはホッとした表情を見せていた。


 この日の佐良浜漁港での総水揚げ量は500㌔以上あった。買い物客らカツオ、マグロ、シイラ、ツムブリ(方言名ヤマトゥナガユ)を買っていた。


 カツオ、マグロのキロ当たりの価格は400~500円。シイラ、ツムブリはその価格より安い。


 伊良部漁協の漢那一浩組合長は「旧正月前は漁師たちの稼ぎ時。航海安全で大漁し、旧正月を盛り上げてほしい」と期待を込めた。

  • 宮古島の人口

    平成30年5月1日現在

    宮古島市 54,052 人
    27,039 人
    27,013 人
    世帯数 26,625 軒
    多良間村 1,175 人
    630 人
    545 人
    世帯数 519 軒
  • 天気


  •  

    2018年2月
    « 1月   3月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2