2018年3月13日(火) 8:54

【行雲流水】(ユマニチュード)

 3月6日、7日、市中央公民館で、県認知症疾患医療センターうむやすみゃあす・ん診療所(竹井太センター長)主催、ユマニチュード講習会が開催された。講習は講師に、ユマニチュード開発者のイヴ・ジネスト、通訳は本田美和子で、「認知症ケアの基礎から実践まで」をテーマに行われた


▼ユマニチュードは「人間らしいケア」と称される。生涯を通して、尊厳を持って「人間らしい」存在であり続けることを支えるためのケアである


▼それは世界人権宣言の「すべての人間は生まれながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利において平等である」という思想に沿っている


▼開発された技法は多岐にわたるが、基本は「見る」、「話す」、「触れる」、「立つ」の四つの柱からなる。「見る」は、認知症の人の正面で、目の高さを同じに、近い距離から、長く見つめることで、お互いの存在を確認する。「話す」は、優しく、前向きの言葉で、頻繁に話しかける。「触れる」は、母親が赤ちゃんに触れるように広い面積で、ゆっくり、優しく、不安のないように触れる。「立つ」は、立つことで空間的存在を認識させる。また、筋肉の低下を防ぐ


▼人間らしいケアで「自分が大切にされている」ことを実感させると、脳の発達を促し、愛情ホルモンとも言われるオキシトシンが分泌され、幸せな気分になることも示された


▼講習会には494人の市民が参加した。社会の高齢化で認知症対策はますます重要な課題となる。この講習を契機に、医療、介護施設や家庭で、より「人間らしいケア」が広がることを期待したい。

  • 宮古島の人口

    平成30年8月1日現在

    宮古島市 54,111 人
    27,053 人
    27,038 人
    世帯数 26,689 軒
    多良間村 1,176 人
    631 人
    545 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2018年3月
    « 2月   4月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2