宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2018年3月30日(金) 8:58

女子高生2人が死傷

バイクで街路樹に衝突/平良西仲宗根


交通死亡事故が発生した現場。写真左下はオートバイがぶつかり樹皮がそぎ取られた街路樹=29日、平良西仲宗根の市道

交通死亡事故が発生した現場。写真左下はオートバイがぶつかり樹皮がそぎ取られた街路樹=29日、平良西仲宗根の市道

 29日午前、平良西仲宗根の市道で、女子高校生2人が乗るオートバイ(125CC)が道路左の街路樹に衝突する事故があった。この事故で、平良西仲宗根に住む女子高校生(17)が頭などを強く打ち、外傷性くも膜下出血で死亡した。もう1人(17)は骨盤骨折の重傷。単独事故とみられているが、誰が運転していたのかは分かっていない。宮古島署管内の交通死亡事故は今年3件目になる。


 宮古島署によると、現場は平良西原の福山から添道方面に向かう市道。2人が乗ったオートバイは、緩やかな右カーブを曲がりきれず、道路左側の街路樹に衝突したとみられる。


 この事故で2人は路上に投げ出され、オートバイは幅員約8㍍の車道の反対側の畑で確認された。フロント部分は大破していた。現場の状況から、かなりのスピードで走行していたものとみられるが、同署が詳しい事故原因を調べている。


 事故現場を通りかかった人が119番通報して事故が発覚した。2人は救急車で病院に搬送されたが、このうち1人は午後2時35分に死亡が確認された。


 管内における交通死亡事故は3件目。宮古島市、宮古島署、宮古島地区交通安全協会は今月2日、非常事態を宣言していた。