宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2018年4月25日(水) 8:54

【がんずううやき】新城キヨさん(91歳)(城辺字新城)

旬の野菜で健康


新城キヨさん

新城キヨさん

 毎朝、カフツ(家庭菜園)に行き野菜の手入れをする。食卓には旬の野菜を使った料理がいつも並ぶ。「体を動かすことと野菜をたくさん食べることが健康の秘訣(ひけつ)では」と話した。顔の色艶が良く、91歳とは思えないほど若々しい。


 カフツで育てている野菜はニンジンやキャベツ、ゴーヤー、シュンギク、キュウリ、ナス、ヘチマ、ニガナ、ニラ、アロエ、フダンソウなど種類が多い。スーパーの野菜はほとんど買わないという。


 月に数回は公民館で開かれる健康づくりの場に参加し、合唱などを楽しむ。好きな歌を思い切り歌い、お茶を飲みながら話にも花を咲かせる。「デイサービスに行くと元気が出る」と笑顔で話した。


 若いころはサトウキビを栽培した。切り倒しから枯れ葉取り、キビ束づくりまで人の手に頼っていた。「夫婦2人で10万㌔(トラック約15台分)を収穫した」と、息子たちに誇るという。


 子供5人、孫5人、ひ孫5人。
 1926(大正15)年7月15日生まれ