2018年6月12日(火) 8:58

雑賀が2連覇達成/ツールド136㌔ロードレース

女子は仲村4連覇


トップでゴールし2連覇を達成した雑賀選手(手前左)=10日、トゥリバー地区

トップでゴールし2連覇を達成した雑賀選手(手前左)=10日、トゥリバー地区

 第11回ツール・ド・宮古島2018ロードレース(宮古島市など主催)が10日、トゥリバー地区を発着点に、136㌔と74㌔で争われた。136㌔は男子が雑賀(さいが)大輔(36)=大阪府=が2連覇、女子は仲村陽子(45)=沖縄県=が4連覇を果たした。74㌔は男子が山本耕平(36)=千葉県、女子は堀江みち子(49)=大阪府=がそれぞれ1位に入った。

 


 136㌔の部は178人が出走、154人がフィニッシュし完走率は86・5%、74㌔は282人がスタートし、277人がゴール、完走率は98・2%だった。


 136㌔は午前7時、74㌔は午前7時10分にスタートし、それぞれのコースに挑んだ。


 開会式で大会実行委員長の長濱政治副市長が「思う存分島の自然を楽しみ、けがのないように頑張ってほしい」とあいさつした。


 今回のロードレースは伊良部、池間、来間の3大橋がコースから除外され、136㌔は本島内をほぼ2周、74㌔は1周するコースに変更された。


 この日の天気は晴れ時々曇りで、日中の最高気温は30・5度と真夏日となった。スタートした選手らはそれぞれのペースで自らの目標に挑戦した。


 74㌔を完走した酒井俊昭さん(57)=神奈川県=は「3回出場して全て完走した。この大会は、ほかにはない空気の爽やかさがあり、気持ちが良い。橋が渡れなくて残念だったが、景色は最高だった」と感想を述べた。


 地元から74㌔に出場した諸見里綾乃さん(46)は「地元の大会なので積極的に参加している。(レース)前半は追い風だったが、後半の向かい風には、へこたれそうになった。チームのメンバーの励ましで、完走できた」と笑顔で語った。

  • 宮古島の人口

    平成30年12月1日現在

    宮古島市 54,208 人
    27,164 人
    27,044 人
    世帯数 26,815 軒
    多良間村 1,174 人
    630 人
    544 人
    世帯数 522 軒
  • 天気


  •  

    2018年6月
    « 5月   7月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2