宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2018年7月17日(火) 8:56

海の日でハーリー大会/多良間村

部落対抗は天川優勝


多良間村仲泊トゥブリ(前泊トゥブリ)で行われたハーリー大会、16日

多良間村仲泊トゥブリ(前泊トゥブリ)で行われたハーリー大会、16日

 【多良間】16日の海の日に合わせ、多良間村では海の日ハーリー大会(主催・村観光協会)を開催した。爬龍舟競争は部落対抗、職場対抗で行われ、体験ハーリーも行われた。


 職場対抗には8チームが参加、JAおきなわ多良間支店チームが村漁業組合を圧倒し優勝を飾った。7チームが参加した部落対抗では天川が優勝。2位は大木だった。


 上位チームは息を合わせて力強くかいさばきを見せていたが、中には舵が上手く取れずにゴールと違う方向へ方向へと横風を受けながら進み、悪戦苦闘するチームもおり、会場では大きな声援が上がっていた。


 砂浜では人間ばん場競争が行われ大木チームが(知念勇吾・西筋陽斗)優勝した。子供達の一番の楽しみのスイカ割りでは多良間島のイメージキャラクター「たらぴん」の面をかぶりスイカを目がけて棒を振り落とすがなかなか割れずにいた。


 村観光協会の富盛玄三会長は「海の日にハーリー大会が天気もよく開催でき、たくさんの方々が参加して楽しんでいただけた事に感謝する。また来年も今年以上に盛り上げたい」と話した。


 沖縄本島から来島し初めて多良間島のハーリーを観戦した50代の男性は「多良間島は海もきれいで体験ハーリーもこぐ事ができ楽しい思い出ができた」と語った。