2018年8月18日(土) 8:58

熱意胸にきょう本番/団員が来場呼びかけ

劇団かなやらび公演


劇団かなやらびの子どもたち。多くの来場を呼び掛けた=17日、マティダ市民劇場

劇団かなやらびの子どもたち。多くの来場を呼び掛けた=17日、マティダ市民劇場

 宮古島の児童生徒で構成される劇団かなやらびの夏公演「眠りの島」がきょう18日に始まる。団員の子どもたちが17日、本番の衣装を着て会見を開き、感謝のステージに向けて胸に秘めた熱意を語るとともに、多くの来場を呼び掛けた。18日の公演は午後6時、19日は午後3時に開演する。


 同劇団ミャークファンタジー第3弾。今回は、オーディション選抜の5人を含む小学4年から高校2年までの24人が出演する。脚本と演出は明石光佐さん(島ピエロのゆずちゃん)。


 物語の舞台は、「何もない島ミャーク」。地上では生きられず、海上へと追いやられた人々。そんな混沌とした世界の中、一つの船で生きる子どもたちの姿を描く。劇中では宮古フツも使用、島の数々の神話や歴史も集めて戯曲化した。


 17日の会見で子どもたちは、本番に向けてあふれんばかりの熱意を語った。


 団員リーダーの伊禮二千花(にちか)さん(宮古高校2年)は「あすの本番ではすべてを出し切る。私たち劇団の本気の演技を楽しんでほしい」と話した。


 国吉太陽君(同1年)は「いろいろあったが、父母やスタッフの皆さんに支えられてここまでくることができた」と感謝し、「来てくれる皆さんの時間を無駄にしないよう最高の演技をしたい」と意気込んだ。


 18、19両日とも当日のチケット料金は700円(未就学児は無料)。

  • 宮古島の人口

    令和元年10月1日現在

    宮古島市 54,752 人
    27,579 人
    27,173 人
    世帯数 27,740 軒
    多良間村 1,126 人
    602 人
    524 人
    世帯数 515 軒
  • 天気


  •  

    2018年8月
    « 7月   9月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2