宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2018年8月28日(火) 8:54

【行雲流水】ひょっこりひょうたん島

 宮古では、1967年OHK(沖縄放送協会)によってテレビ放送が開始された。待ちかねていた島民は二つの番組にいきなり魅了された。一つはNHK朝の連続テレビ小説「旅路」で、日色ともゑがヒロインを演ずる、心温まる物語で、もう一つは井上ひさし原作の人形劇『ひょっこりひょうたん島』であった


 ▼♪「丸い地球の水平線に何かがきっと待っている/苦しいこともあるだろさ/悲しいこともあるだろさ/だけど僕らはくじけない/泣くのはいやだ、笑っちゃおう」と歌うテーマ曲の響きが懐かしい▼井上ひさしは親を早く亡くし、児童養護施設に預けられ、施設から高校に通い、上智大学に進学した。『ひょっこりひょうたん島』には、彼の心情や思想が反映されている


 ▼彼の特長は温かいまなざしとユーモアで本質に迫ることにある。彼は書いている。「笑いで涙を減らしたい」。『吉里吉里人』(きりきりじん)では、日本の農業軽視政策と憲法軽視の動きに反発、東北の寒村が日本からの独立を宣言する。この作品は日本SF大賞と読売文学賞を受賞した


 ▼五木寛之は彼を「平和憲法と民主主義を守る希望の星」と語った。長田育恵はもらった言葉、「しなやかな心で、健やかに生きること。隣り合う人と手を携え笑い合うこと。目に見えないものに心ふるわせ掬い取ること」などを、「祈りにも似た言葉」に書いている


 ▼第14代日本ペンクラブ会長、文化功労者、芸術院会員でもあった大物だが、誰をも大切にしたと、いろいろな人に、敬意をこめて語られている。(空)

  • 宮古島の人口

    令和3年2月1日現在

    宮古島市 54,994 人
    27,814 人
    27,180 人
    世帯数 28,362 軒
    多良間村 1,105 人
    605 人
    500 人
    世帯数 520 軒
  • 天気


  •  

    2018年8月
    « 7月   9月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2