2018年12月26日(水) 8:55

ハイビスカスでケーキ/産業化協 学校給食に提供

ハイビスカスのカップケーキをおいしそうに食べる児童たち=25日、西辺小学校

ハイビスカスのカップケーキをおいしそうに食べる児童たち=25日、西辺小学校

 宮古島で摘んだハイビスカス(あかばなぁ)の産業化に取り組む「宮古島あかばなぁ産業化協議会」と産業化連携体のグランディールは25日、市内小中学校の学校給食に「宮古ハイビスカスのカップケーキ」を提供した。児童は口いっぱいにカップケーキをほおばって満面の笑みだった。


 ハイビスカスの産業化プロジェクトの一環。ハイビスカスに関する認知度を高めるとともに、食育も兼ねた。市の教育委員会や給食センター、市内事業所の協力を受けて4650食を準備した。カップケーキは南国食楽Zuが作った。


 この日は平良にある14校で提供された。西辺小学校の1年生の教室には長濱政治副市長も訪れ、一緒にカップケーキを食べた。


 はじめにグランディール専務の髙橋伸次さんが「ハイビスカスは食べたり、飲んだりできるんです」と児童に語り掛け、「甘酸っぱくておいしいので食べてみてください」と話した。


 児童は給食をたいらげた後、ハイビスカスのエキスを使って作ったピンク色のチョコレートが載ったケーキをぱくり。それぞれ「おいしい」と笑顔だった。


 全部食べた1年生の高良陽宇(よう)君は「甘くておいしかった。また食べてみたい」と話していた。


 長濱副市長も「とてもおいしい」と絶賛だった。

  • 宮古島の人口

    平成31年1月1日現在

    宮古島市 54,229 人
    27,165 人
    27,064 人
    世帯数 26,857 軒
    多良間村 1,172 人
    628 人
    544 人
    世帯数 523 軒
  • 天気


  •  

    2018年12月
    « 11月   1月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2