2019年1月8日(火) 8:58

養殖アーサを初収穫/大浦湾

今期6㌧見込む


今期初収穫された養殖アーサ=7日、平良の大浦船だまり

今期初収穫された養殖アーサ=7日、平良の大浦船だまり

 宮古島漁業協同組合のヒトエグサ生産部会(仲間政宗代表、会員8人)は7日、平良の大浦湾養殖場で今期の養殖アーサ(和名ヒトエグサ)約500㌔を初収穫した。今が旬のアーサは青々と育ち、今期は前期比1㌧減の6㌧の収穫量を見込む。会員で初収穫した池田博次さん(65)は「品質は良く、これからの冷え込みで上品質になる」と期待を込めた。


 昨年10月に養殖網に種付けし、12月に沖出し。特定区画漁業権を取得した漁場で養殖されている。


 会員1人当たりの養殖網は約200枚。1枚の網の長さは18㍍、幅1・8㍍。


 各網にはびっしり生えたアーサが成長し、船上から特殊な機械を使って網を巻き上げながら収穫する。収穫ピークは2月上旬で、収穫終了は3月を予定。


 この日収穫したアーサはトラックに積み込まれ、同組合の加工施設に運ばれた。


 池田さんは「消費者に喜ばれる上質アーサを水揚げしたい。アーサは、みそ汁の具や天ぷらなどの食材としても人気が高い」とアピールした。


 大浦湾では、2007年に養殖アーサの試験生産を開始。その後、漁業権更新の際に大浦湾で特定区画漁業権を取得し、本格的な養殖に着手した。同湾の養殖アーサ漁場は、宮古では最大規模。


 アーサの問い合わせは、宮古島漁協(電話72・2029)へ。


 特定区画漁業権 水産動植物の養殖業を営む漁業権。モズクも同区画漁業権が設定された漁場で養殖される。

  • 宮古島の人口

    平成31年1月1日現在

    宮古島市 54,229 人
    27,165 人
    27,064 人
    世帯数 26,857 軒
    多良間村 1,172 人
    628 人
    544 人
    世帯数 523 軒
  • 天気


  •  

    2019年1月
    « 12月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2