宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2019年1月19日(土) 8:59

「118番」正しい利用PR

ミスサンゴと「うみまる」
宮古島海上保安部


「118番」の正しい利用を呼び掛けるチラシを配布するミス宮古島、「うみまる」と海保職員ら=18日、宮古空港

「118番」の正しい利用を呼び掛けるチラシを配布するミス宮古島、「うみまる」と海保職員ら=18日、宮古空港

 宮古島海上保安部(山戸義勝部長)は18日、「118番の日」に因み、同保安部の職員や巡視船「はりみず」の潜水士を含む乗組員ら約15人が、海上保安庁の緊急通報用「118番」の重要性などを周知するため、宮古空港と市内のスーパー前で、チラシ配布などの広報活動を行った。


 この活動には、タテゴトアザラシの子どもをモチーフにした、海上保安庁のイメージキャラクター「うみまる」と第45代ミス宮古島の友部湖衣子さん(ミスサンゴ)が参加し、活動に花を添えた。


 配られたチラシとポケットティッシュには「海の事件、事故は118番」などと書かれ、「118番」の正しい利用法などを周知した。


 周知活動に先立ち、平良港第4埠頭(ふとう)で行われた任命式で、ミスサンゴの友部さんが「一日海上保安部長」を委嘱された。式で友部さんは「宮古島での事故や事件を一つでも減らせるよう、118番の日に併せ、多くの皆さんや観光客に正しい利用法を周知しよう」と訓示した。


 第11管区海上保安本部は15日、2018年の「118番」通報総数を発表した。それによると総数は6982件でこのうち、海難や人身事故等の有効電話件数は全体の6・2%にあたる434件だった。総数の92・5%にあたる6457件は間違いやいたずら電話だった。


 宮古島海上保安部は「118番は緊急通報用の電話番号なので、いたずら電話などは絶対にしないようにしてほしい」と正しい利用を呼び掛けている。


 有効電話件数434件の内訳をみると、船舶海難が62件で人身事故が最も多く255件、情報提供等が117件だった。

  • 宮古島の人口

    令和2年8月1日現在

    宮古島市 54,989 人
    27,771 人
    27,218 人
    世帯数 27,747 軒
    多良間村 1,104人
    598 人
    506 人
    世帯数 515 軒
  • 天気


  •  

    2019年1月
    « 12月   2月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2