2019年2月17日(日) 8:54

【花は島いろ】池間 弘章さん(54歳)FC琉球応援団長

夢は「宮古に天然芝の競技場」


池間  弘章さん(54歳)

池間 弘章さん(54歳)

 【那覇支社】ライブ中継で世界中のサッカーを観戦することができるフットボールカフェ「カンプノウ」を那覇市で営むのは、池間弘章さん(54)。昨年末にJ2へ昇格したFC琉球の応援団長でもある。


 池間さんは上野出身で、平一小、平良中へ進んだ。「幼い頃、両親が共働きでおばあちゃんに育てられたおかげで、サトウキビの育て方や生命の尊さ、自然の営みを知らず知らずのうちに学んだ」と語る。


 中学1年の時に父親の転勤で那覇市に移り、小禄高校から福岡の大学へ進学。卒業後は、そのまま福岡で会社員として働き、37歳で沖縄本島に戻った。


 サッカーに関心を持つようになったのは、1998年・ワールドカップフランス大会のテレビ観戦から。自身はサッカーの経験はないが、日本チームを応援する中でサッカーの魅力を知ったという。


 沖縄にJリーグを目指すサッカーチームが発足すると、「沖縄の地元のチームは、沖縄の僕らが応援していかないと!」という強い思いで、自ら先頭に立って応援を始めた。念願のフットボールカフェ「カンプノウ」を開店したのは2003年。今や、サッカーファンの聖地になっている。


 昨年、FC琉球がJ2昇格したことについて「さらに多くの人に(チームを)応援してもらえる」と笑顔を見せる池間さん。応援を重ねる中で沖縄のサッカー環境の課題も見えてきたといい、「沖縄のチームなんだから地元選手を育てないといけない。そのためには、子供の頃からの練習環境が大切だ」と語る。


 きっかけは、沖縄かりゆしFCの加藤久元監督から「沖縄の子どもたちは、身体能力は抜群なのに土のグラウンドでしかプレーしたことがないので、パスされたボールを必ず止める。芝のピッチ上のような流れるプレーができない」と指摘されたことという。


 池間さんは、「子どもたちの環境を整えるのは大人の役目。だから、いつかは宮古に戻って天然芝のサッカー場をつくりたい。天然芝の育て方や自然管理のノウハウはあるし、専門家だっている」と強調する。


 2月24日にはJ2が開幕する。今後については「これまで以上に、宮古からプロサッカー選手がたくさん誕生することを夢見て、一歩一歩自分にできることから実行していきたい」と口元を引き締めた。

  • 宮古島の人口

    令和2年1月1日現在

    宮古島市 54,815 人
    27,629 人
    27,186 人
    世帯数 27,858 軒
    多良間村 1,122 人
    604 人
    518 人
    世帯数 512 軒
  • 天気


  •  

    2019年2月
    « 1月   3月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2