2019年9月15日(日) 8:54

【花は島いろ】ゴンザレス紀子さん(50歳)/ZUMI CAFE経営

お客様に“ズミ”な時間を


ゴンザレス紀子さん

ゴンザレス紀子さん

 【那覇支社】宜野湾市の県道81号線を車で走ると、アメリカンなデコレーションの入口が思わず目に留まる。扉を開ければ、色鮮やかな店内に美味しい香りが広がる。平良西辺出身のゴンザレス紀子さん(50)=旧姓池間=が経営するZUMI CAFEだ。ZUMI(ズミ)は、宮古の言葉で「最高」や「上等」の意味。


 実は紀子さん、西辺中3年の時に砲丸投げで県3位、宮古高校1年の時には円盤投げで市記録を44年ぶりに塗り替えた凄腕の持ち主。6人兄弟の4番目に生まれ、学校帰りは毎日近くの川で泳ぎ、走り回るお転婆な女の子だった。


 小学校、中学校と1クラスしかない家族のような環境で育ち、バレー部と陸上部の二刀流で活躍するが、砲丸投げで県3位を獲得したのには、あるきっかけがあったという。


 西辺中3年の時、陸上大会の砲丸投げで優勝するも、「この記録では県大会は難しい」と指摘される。さらに厳しい練習を始め、夜には一人で体育館の階段往復20回のダッシュを続けたことが、活躍につながった。紀子さんは「練習すればできる。自分の能力に気付かないなんてもったいないと学んだ」と話す。


 その後、沖縄国際大学に進学して競技を続ける一方、教員免許取得にも挑み、目標を達成して卒業する。ただ、これまでの頑張りで疲れもあったのか、紀子さんは「卒業証書をもらった途端、バーンアウト(燃え尽き症候群)になっちゃって」と振り返る。


 そんな時、米兵の御主人と出会い、26歳で結婚して28歳には渡米。アメリカではホームセンターでアルバイトを始め、実力を認められてスーパーバイザーに就任する。軌道にのったところで再び沖縄へ戻った。沖縄では中古車店の事務仕事を始めたが、「保険の資格を取ろう」と目標を設定し、6年で売り上げトップになる。


 再び渡米した時、「次は自分で起業したい」と、経営や仕入れを学ぶためレストランのアルバイトを始めたことが、今の基盤になっている。


 その後、御主人の提案で沖縄を永住場所に決め、宜野湾にZUMI CAFEを開業。人気店へと成長した。紀子さんは、「全て、一人ではできなかったこと」と、出会った人たちに感謝の言葉を語る。


 頑張りの原動力については、「親の気を引きたかったのかも。父が亡くなった時、無意識に『私、頑張ったよね』と父に向かって言っていたので」と話した。


 今年の年末には弟の「シーブ」で家族全員が宮古に集まる。「今があるのも宮古で頑張れたから」と、穏やかな笑顔で語った。

  • 宮古島の人口

    令和元年11月1日現在

    宮古島市 54,755 人
    27,586 人
    27,169 人
    世帯数 27,782 軒
    多良間村 1,126 人
    603 人
    523 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2019年9月
    « 8月   10月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2