2019年9月19日(木) 8:57

新リフト車お目見え/自立生活センター

まんたに募金活動で贈る


待望のリフト車が到着し喜ぶまんたの利用者ら。前列右から2人目がプロジェクトリーダの喜久川さん=18日、平良西里

待望のリフト車が到着し喜ぶまんたの利用者ら。前列右から2人目がプロジェクトリーダの喜久川さん=18日、平良西里

 重度障がい者の支援を行う自立生活センターまんた(新里聖寿、吉田晋介共同代表)にこのほど、新しいリフト車両が導入された。県内5カ所の自立生活センターが協力して募金活動を展開し贈呈したもの。活動のリーダーとして活躍した喜久川拓真さん(県自立生活センター・イルカ)が18日、まんたで記者会見し「多くの人と関わりコミュニケーションが図られた。支援してくれた人たちに心から感謝する」と話した。


 古い車両は雨漏りが激しく、リフトが使用できない状態だった。


 そんな声を聞き、喜久川さんを中心に「まんたにリフト車を贈ろうプロジェクト」が始動。今年3月から県内各地で募金活動を実施した。


 市民や沖縄本島に住む宮古出身者らが募金に協力。中には150万円の大口寄付者や、車両を納入した会社が輸送費を負担するなど支援の輪が広がった。


 喜久川さんは「皆さんの力があったからこそ募金活動ができた。大切に使ってくれればうれしい」と話した。


 まんたの新里共同代表は「こんなに早く目標額が達成できるとは思わなかった。障がいを持っている人たちが自由に快適に移動ができる」と喜んだ。


 車両名は「ドリーム」。名付け親の仲宗根有美子さん(まんた利用者)は「みんなの夢がかなうようにとの思いで付けた」と話した。


 8人乗り。車椅子2台が収容できる 


 プロジェクトに参加した団体は▽県自立生活センター・イルカ▽那覇自立生活センターインクルーシブ▽北部自立生活センター希輝々▽石垣自立生活センター南十字星▽宮古自立生活センターまんた-。

  • 宮古島の人口

    令和元年10月1日現在

    宮古島市 54,752 人
    27,579 人
    27,173 人
    世帯数 27,740 軒
    多良間村 1,126 人
    602 人
    524 人
    世帯数 515 軒
  • 天気


  •  

    2019年9月
    « 8月   10月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2