2019年11月6日(水) 8:57

真栄城六段が2連覇/第11期宮古囲碁名人戦

優勝杯を手にする真栄城六段=4日、こすみ囲碁教室

優勝杯を手にする真栄城六段=4日、こすみ囲碁教室

 宮古給油所杯第11期宮古囲碁名人戦(主催・日本棋院平良支部、協賛・宮古給油所、後援・宮古毎日新聞社)の決勝リーグが3、4の両日、こすみ囲碁教室で行われ、真栄城佑次六段(28)が2連覇した。冷静に手堅く打ち進めた1手1手が勝ちにつながった。池村浩明日本棋院平良支部長は「次は県大会制覇を目指してほしい」と激励した。決勝リーグ1位の真栄城六段(7勝)、2位池間博美六段(6勝1敗)、3位知念一将六段(5勝2敗)、4位亀川実六段(4勝3敗)の上位4人は次期決勝リーグの残留が決まった。


 決勝リーグには真栄城六段、池間博美六段、知念一将六段、平良博彦六段、知念正夫六段、亀川実六段、池村浩明六段、奥平寿男六段の8人が出場し、総当たりで優勝を争った。


 決勝リーグ1日目(3日)の真栄城と池間六段の師弟対局は教え子の真栄城が勝ち、優勝へ弾みがついた。


 1日目を終えた時点で真栄城は4勝とトップを走り、3勝1敗の池間と亀川が追った。


 2日目(4日)の真栄城(28)と亀川(77)の対局は亀川が勝てば、3人が4勝1敗で並ぶ可能性のある大一番。前期に続き最年長と最年少の対局でもある。亀川は中央に要点があったのを見逃して碁を打ちにくくした。最後まで打った結果、真栄城が4目半差で逃げ切った。真栄城は最終の7局目は奥平と打ち、中押しで全勝優勝を決めた。


 真栄城は「全局とも厳しかった。相手のミスに助けられたような碁が多かった。来年も3連覇を目指して頑張りたい」と喜びを語った。閉会式で宮古給油所の神里成亮社長は、囲碁仲間と練習を重ねて、もっと腕に磨きをかけてほしい、と期待した。


 宮古囲碁名人戦は予選、決勝リーグともに長い時間をかけて総当たりで戦うのが特徴。予選は10月20日と27日、決勝リーグが3日、4日と今期も3週にわたり熱戦が繰り広げられた。

  • 宮古島の人口

    令和元年11月1日現在

    宮古島市 54,755 人
    27,586 人
    27,169 人
    世帯数 27,782 軒
    多良間村 1,126 人
    603 人
    523 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2019年11月
    « 10月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2