宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2019年12月14日(土) 8:59

真喜屋さん(平良中2年)最優秀/県童話・お話・意見発表大会

優秀に下地さん、砂川君/離島で初開催


中学校女子の部で最優秀賞に輝いた真喜屋さん=13日、伊良部島小学校・中学校体育館

中学校女子の部で最優秀賞に輝いた真喜屋さん=13日、伊良部島小学校・中学校体育館

 第70回県小中学校童話・お話・意見発表大会(主催・県PTA連合会)が13日、平良第一小学校など市内6会場で開かれた。小学校低、高学年、中学校の各男女別に、県内各地区から代表96人が出場して内容や表現力を競った。宮古地区代表は中学校女子の部で真喜屋奏さん(平良中2年)が最優秀賞に輝いた。中学校男子の部では下地凜さん(久松中3年)、小学校高学年男子の部では砂川昌璃君(砂川小4年)がそれぞれ優秀賞に選ばれた。


 大会は童話・お話・意見発表を通して、表現力の養成に努め、情操教育と言語教育の発展に資することが目的。70回目の節目を記念して離島で初開催された。今後は5年に1度、離島で実施する予定という。


 最優秀賞の真喜屋さんは、障がいや疾患を持つ人が身に付ける「ヘルプマーク」を紹介。同マークの理解が広がることで、思いやりにあふれる偏見のない社会が実現することを願った。


 真喜屋さんは「まだ実感が湧かない。名前を呼ばれた時は聞き間違いじゃないかと思った。大会では落ち着いてうまく話せた。ヘルプマークのことが社会に広まってくれればうれしい」と笑顔で話した。


 小学校高学年男子の部で優秀賞の砂川君は「自信はありました」とにこり。「優秀賞をもらうことができてうれしい」と語った。


 中学校男子の部で優秀賞の下地さんは「多くの人が応援してくれた。期待に応えられてうれしい」と喜びを語った。


 各部の最優秀賞と優秀賞受賞者は次の皆さん。(敬称略)


 ▼男子
 【小学校低学年の部】最優秀=阿波根昌翔(東江3年)▽優秀=呉屋匠瞳(城北2年)、斉藤有希(嘉手納3年)
 【同高学年の部】最優秀=磯辺ひびき(真喜良6年)▽優秀=寺西悠空(古堅南5年)、砂川昌璃(砂川4年)
 【中学校の部】最優秀=古田彩都(城北3年)▽優秀=下地凛(久松3年)、カルフーン真人(浦西3年)


 ▼女子
 【小学校低学年の部】最優秀=大城仁那(今帰仁3年)▽優秀=仲間彩音(翔南3年)、小笹林檎(宮良3年)
 【同高学年の部】最優秀=兼謝名希実(読谷6年)▽優秀=仲程天花(本部5年)、仲村伊由(島袋6年)
 【中学校の部】最優秀=真喜屋奏(平良2年)▽優秀=中村莉乃音(宮里1年)、仲程心凰(本部3年)

  • 宮古島の人口

    令和2年10月1日現在

    宮古島市 55,017 人
    27,798 人
    27,219 人
    世帯数 28,339 軒
    多良間村 1,100人
    600 人
    500 人
    世帯数 518 軒
  • 天気


  •  

    2019年12月
    « 11月   1月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2