宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2019年12月22日(日) 8:54

【ニュースウィークリー】12月15日~12月21日

学校トイレを完全洋式化へ/市が意欲

 幼稚園や小学校に入園、入学の際に保護者からよく聞かれる不安の一つに施設内の和式トイレがある。完全洋式化の要望を受けて市では今後、国の支援だけでなく、単独予算での整備を含めて完全洋式化に意欲を示している。(12月15日掲載)


男子は久松、女子南がV/学区対抗全宮古駅伝

 上地伸栄旗第69回全宮古駅伝競走大会・立津工芸社旗第12回全宮古女子駅伝競走大会が15日、市陸上競技場を発着点とする男子11区間39㌔、女子7区間13㌔で争われ、男子は久松が2時間17分10秒で優勝、女子は南が51分37秒で制した。(12月17日掲載)


搭乗橋3基すべて更新/宮古空港

 宮古空港ターミナルの搭乗待合室から直接乗客を機内に誘導するボーディング・ブリッジ(可動式搭乗通路・旅客搭乗橋)3基のうち、2基の更新工事がこのほど完了し、16日から供用開始となった。昨年12月にはすでに1基が更新されており、今回すべて新しくなったことで、車いすやつえを利用する旅客を含め、これまで以上に乗降しやすい環境が整った。(12月17日掲載)


健康プロジェクト来年1月スタート/60歳以上対象

 宮古島市在住の60歳以上を対象に健康に関する各種データを計測する「宮古島健康プロジェクト」が来年1月6日から始まる。そのスタートを前に下地敏彦市長と沖縄セルラーの関係者が17日、市役所平良庁舎で会見を開き、プロジェクトの概要を説明するとともに多くの市民の参加を呼び掛けた。(12月18日掲載)


来間小学校廃校決まる/市議会が廃止案可決

 市議会は18日の12月定例会最終本会議で来年4月に来間小学校を廃校とする条例改正案を可決した。野党から休校措置を求める声もあったが与党の賛成多数で可決した。条例が可決されたことで廃校に関する一連の手続きは終わり、廃校が正式に決まった。(12月19日掲載)


市議会新議長に山里雅彦氏選出/副議長は高吉氏

 市議会は18日、正副議長の選挙を行い、新しい議長に山里雅彦氏(59)、副議長に高吉幸光氏(48)をそれぞれ選出した。任期は2氏ともに同日から、議員任期の2021年11月12日まで。(12月19日掲載)


キビ操業を開始、平均糖度13・36度/宮糖伊良部工場

 宮古製糖伊良部工場の今期操業が19日始まり、初日は386㌧の原料サトウキビが搬入され、平均糖度は13・36度と、まずまずの滑り出しとなった。操業開始式で、宮古製糖の安村勇社長、下地敏彦市長(代理)ら関係者は陸上・海上の無事故・無災害を願った。(12月20日掲載)


タクシーでパトロール/協会に委嘱

 宮古タクシーパトロール隊が発足した。今年度内には市内を走るタクシー全車両の約200台に通報システムを兼ね備えたドライブレコーダーが設置される。19日、宮古島警察署の上運天幸徳署長が県ハイヤー・タクシー協会宮古支部の下地隆之支部長に委嘱状を交付。管内における犯罪抑止と地域の見守り強化に期待を込めた。(12月20日掲載)


年末年始で取締り強化/交通安全運動開始

 21日から始まる2019年年末年始の交通安全県民運動に向けて宮古地区出発式が20日、市未来創造センター多目的ホールで行われた。市や県、宮古島警察署、宮古島地区交通安全協会などから関係者が参加し、飲酒運転の根絶や交通事故防止などに向けて決意を新たにした。(12月21日掲載)


3年連続の3010億円/沖縄振興予算

 政府は20日、2020年度予算案を閣議決定し、沖縄振興予算は3年連続の3010億円となった。一方で、使途について自治体の自由度が高い一括交付金は、前年度比7・3%減の1013億円となり、6年連続して減額が決まった。(12月21日掲載)

  • 宮古島の人口

    令和2年10月1日現在

    宮古島市 55,017 人
    27,798 人
    27,219 人
    世帯数 28,339 軒
    多良間村 1,100人
    600 人
    500 人
    世帯数 518 軒
  • 天気


  •  

    2019年12月
    « 11月   1月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2