宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2020年7月4日(土) 8:59

運動場の完成を祝う/リレーで熱戦、歓声響く

芝生青々 結の橋学園


児童生徒は運動場開きを対抗リレーで祝った=3日、伊良部島小・中学校

児童生徒は運動場開きを対抗リレーで祝った=3日、伊良部島小・中学校

 伊良部島小学校・中学校(愛称・結の橋学園、宮城克典校長)で3日、新しい運動場の完成を祝う運動場開きが行われた。青空の下、全校児童生徒322人は芝生が青々と育った運動場に集合し、一定の間隔を空けて整列した。5~9年生による縦割り班対抗リレーで一喜一憂の熱戦を展開し、大きな歓声が響き渡っていた。


 運動場開きは、昨年5月26日に開催した開校記念日に合わせ実施する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で7月3日に延期となった。


 運動場開き前は、全校児童生徒や教職員などの関係者は、新設の体育館を利用していた。


 全校児童生徒322人のうち、小学生が211人、中学生は111人。全員が運動場開きを待ちに待っていた。開校から1年余で、屋外運動場が使える学校生活が改めて始まった。


 開会の冒頭、宮城校長は「新しい運動場が造られたことに感謝し、安全祈願と学校を愛する心を持ってください。これまで以上に絆のバトンをつないでください」と激励した。


 号砲一発で縦割り班対抗リレーがスタート。走者は全力で走り、次の走者にバトンを渡した。バトンを受け取った走者はバトンを持ち替え、腕を振り、快走。各班のアンカーはゴールテープを切り、笑顔を見せていた。


 対抗リレー終了後、生徒会長の高志保優悟さん(9年)は「チーム一丸となって走っていたので楽しかった。これからの運動会や運動場を使う行事では、きょう以上に頑張っていきましょう」と励ました。


 市教育委員会によると、整備された運動場の工事名は「伊良部小中一貫校グラウンド整備工事」。事業費は約2億4400万円(野球防球ネット、バックネット、掲揚台を含む)。運動場の面積は1万4000平方メートルで、トラックの1周の長さ200メートル。


 現在、遊具の鉄棒やジャグルジム、滑り台、ブランコを整備している。

  • 宮古島の人口

    令和2年8月1日現在

    宮古島市 54,989 人
    27,771 人
    27,218 人
    世帯数 27,747 軒
    多良間村 1,104人
    598 人
    506 人
    世帯数 515 軒
  • 天気


  •  

    2020年7月
    « 6月   8月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2