宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2020年7月8日(水) 8:59

子宮頸がん1割以下/市19年度検診 無料券利用率

乳がんは3割以下


対象者に発送された無料クーポン券

対象者に発送された無料クーポン券

 2020年度の乳がん・子宮頸(けい)がん検診の無料クーポン券が対象者に発送され、7月から対象医療機関での受診がスタートしている。市の健康増進課によると例年クーポン利用率は低い傾向が続いており、19年度は子宮頸がんは10%台にも届いていない。乳がんも3割以下で推移しており、国の目標値50%にはほど遠いことから同課では、対象者に積極的な利用を呼び掛けている。


 同クーポン券は、市の指定医療機関および(公民館・保健センターで実施する)集団婦人検診でも活用できる。


 クーポンの対象者は、子宮頸がん検診が21歳(1999年4月2日~2000年4月1日生まれ)。乳がん検診は41歳(1979年4月2日~80年4月1日生まれ)。


 2016年度以降のクーポン利用率は、乳がんが16年度は対象者321人に対して11・2%。17年度と18年度は2年連続で22%台で推移したが、19年度は伸びて28・8%(対象347人)となったが、まだまだ低い数値となっている。


 子宮頸がんは、16年度が1・4%(対象213人)、17年度が4・8%(同207人)、18年度が6・5%(同201人)と低い数値で推移。19年度は若干伸びて7・1%(同211人)となったが、10%に届いていない状況が続いている。


 同課では「乳がんも子宮頸がんも早期発見で治すことができる。特に利用率の低い子宮頸がん検診のクーポン対象者は、大学生や専門学校生で島を離れている場合もあるかもしれない。それでも帰省した際にはぜひ受けてほしい」と呼び掛けた。


 クーポン券を利用して検診を受ける際は、クーポン券、身分証明書(保険証や運転免許証など)を忘れると受診できないことから同課では注意を呼び掛けている。


 クーポン券が利用可能な医療機関は、子宮頸がんが奥平産婦人科医院(電話72・3026)とみやぎMs.クリニック(同75・0722)。


 乳がんのクーポン券は、マンモグラフィー検査のみに活用でき、宮古では宮古病院のみで検査可能。検診の際には、市健康増進課健康づくり係(電話73・1978)へ事前の電話予約が必要となっている。


 同課では「例年、クーポンの利用は後半に集中するほか、今年度の集団婦人検診は来年1月に実施されることから、できるだけ早めに受診してほしい」と呼び掛けている。

  • 宮古島の人口

    令和2年8月1日現在

    宮古島市 54,989 人
    27,771 人
    27,218 人
    世帯数 27,747 軒
    多良間村 1,104人
    598 人
    506 人
    世帯数 515 軒
  • 天気


  •  

    2020年7月
    « 6月   8月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2